薬剤師の転職

品質管理をしてる薬剤師の仕事の話【未経験可】

 

品質管理をしている薬剤師の業務内容は?

 

こんな疑問を解決できるブログ記事を書きました。 

 

この記事を書いている私は

ドラッグストア(調剤業務も経験)→医薬品原料メーカー→製薬メーカーと2回転職をしました。現在は、製薬メーカーで品質管理と薬事関連の仕事をしている薬剤師です。

 

品質管理の仕事をしている薬剤師の業務内容って気になりませんか?

品質管理って言葉を聞いても、なんとなく「製品の品質をチェックしているんだな・・」程度しかわからないですよね? 

 

なので、今回は品質管理の仕事をしている私が、業務内容を簡単にまとめ記事にしてみました。

 

この記事で解説する内容

品質管理の仕事をしている薬剤師の業務内容がわかる。

 

この記事を読めば、薬剤師の品質管理の仕事が分かりますので、ぜひ読んでみてください。  

 

品質管理をしてる薬剤師の仕事の内容

品質管理の仕事とは、医薬品、医薬部外品、化粧品の品質が一定に保たれるよう、薬機法で定められた基準をクリアしているかを管理するのが仕事となっています。

一定の基準をクリアしているかを確認するのに試験を行わなければいけません。

医薬品が市場に出るまで、様々な製造工程を通過していきますが、品質管理に関わる試験は、原料試験、最終製品試験、製造後の安定性試験という3つの試験を行うと考えてもらって大丈夫です。

医薬品、医薬部外品、化粧品の製造には国や都道府県から承認を受ける必要があるので、最終製品や原料の規格は承認を受ける時に決まっています。

原料試験は、医薬品原料なら日本薬局方の試験規格をクリアしているか確認します。

日本薬局方に収載されていない原料なら別紙規格(自社で設定した試験規格)です。

この承認書に記載された内容で試験を行い、規格をクリアしているかを品質管理の部門で確認します。  

 

品質管理と品質保証の違い

品質管理と品質保証は言葉が似ています。でも、仕事内容は全然違います。

ここでは薬機法で定められた医薬品等の製造に関わる際の責任者の話をします。

まず責任者というのは品質管理責任者と品質保証責任者という2つの呼び名の仕事があります。

品質管理責任者は、製品の品質や安全性が保たれているかを管理するのが仕事です。

医薬品等の工場で品質の管理しているとイメージすると分かりやすいかもしれません。  

一方で、品質保証責任者は製品の市場への出荷の管理をしたり、品質に関する情報や品質不良などの処理をしいます。

本社などで製造の品質管理や、消費者などから品質に関する情報を集めているとイメージすると良いかもしれません。  

 

品質管理の仕事は薬剤師でなくてもできる

品質管理の仕事は、薬剤師の資格を持っていないと出来ないという仕事ではありません。 

資格は必要ないので知識があれば誰でもできます。

この仕事で必要な知識は薬学です。

結局、薬剤師じゃん!と思うかもしれませんが、液体高速クロマトグラフィー(HPLC)やガスクロマトグラフィー(GC)などを使えたり、化学の知識があれば大丈夫です!

え?なおさら無理・・・。と思う方もいるかもしれません。

私の場合、新卒でドラッグストア勤務をしていました。 学生時代はHPLCやGCなんて実習の時しか触ったことが有りません。

なので、それ以降1度も触ることなく社会に出ました。

そんな人間が、中途採用で品質管理の仕事をしているので、未経験の人でもやる気があれば大丈夫です。  

 

品質管理の仕事をしている薬剤師の年収は?

会社によって差があるようです。

品質管理の仕事をしている薬剤師の年収は400~500万円あたりが相場となっています。

薬剤師の平均年収が550万円前後なので、それから考えるとちょっと低めの年収です。

しかし、薬剤師の資格を持っているなら品質管理の仕事だけでなく、薬務申請関連の仕事を行うことも考えたほうがいいかもしれません。

実際に私が日頃行っている業務は、品質関連業務のほかに薬務関連の仕事も行っています。  

 

薬剤師が行う品質管理以外の仕事は?

会社にもよりますが、薬剤師の資格を持っているなら薬務関連の仕事を行う可能性もあります。

製薬会社などが新しく医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器等を日本で製造販売・輸入販売するためには、厚生労働省から承認うけなければいけません。

この厚生労働省から承認を得るためのことを「薬事申請」といいます

新しい医薬品の申請業務だけでなく、製造業の許可更新申請や変更申請業務なども行います。

薬務関連の仕事とは、このような仕事のことを指します。 そして、申請業務以外にも医薬品製造業における管理者は薬剤師でなければいけないというところにも需要があります。

大手の医薬品製造管理者になれば年収700万円以上が目指せる仕事になっています。  

 

製薬会社以外の品質管理の仕事は?

品質管理の仕事をしている薬剤師の求人として、製薬会社のほかに医薬品原料メーカーがあります。

原料メーカーは、医薬品原料を扱っている会社なので、品質管理の仕事ができる人材が必要です。

また、医薬品以外では、化粧品や健康食品メーカーなどが品質管理の人材を募集しています。  

 

品質管理の仕事をしている薬剤師のやりがい

品質管理の仕事は単調でつまらないと感じることがあるかもしれません。

新商品を次々と発売する大手の製薬会社だと、その製品ごとに試験方法がことなり忙しいかもしれませんが、新製品をあまり発売しない製薬会社だと製品試験は日々のルーティンになってしまっています。

しかし、品質管理の責任者になると試験だけではなく、品質にかかわる業務すべてを網羅しなければいけないので、やりがいも出てくると思います。

さらに、職人気質のある製造部門と業務の話し合いなども行うので、高いコミュニケーションスキルも求められます。

それでも、自分が関わった商品が店頭などに流通し、実際にお客さんが手に取って使用している姿を見るとやりがいを感じます。  

 

薬剤師として品質管理の仕事に就くには?

品質管理の仕事は希少な案件となっています。  

私が転職活動を行ったとき、ハローワークに行きましたが、品質管理の求人は一つもありませんでした。

品質管理の仕事に就くには、転職サイトに登録するのが1番の近道だと思います。

ちなみに、いまの私の仕事である、質管理業務と薬務業を未経験で紹介してくれたのは薬キャリという転職会社です。  

少しでも品質管理の仕事に興味があるなら、転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-,

© 2020 ファーマリーチ