薬剤師の転職

【ついに判明】カワチ薬品で働く薬剤師の年収と評判

・カワチ薬品で働く薬剤師の年収ってどれくらい?

・薬剤師としてカワチ薬品に転職を考えているんだけど評判は?

 

このような疑問を解決できる記事を書きました!    

 

この記事を書いている私は

ドラッグストア、調剤薬局など様々な薬剤師の職場を経験したことのある現役薬剤師です。新卒でドラッグストアに勤務していました。ブログにて、薬剤師の情報発信を行っています。

 

ズバリ!新卒で薬剤師としてカワチ薬品に入社した場合の年収は500万円前後!

ドラッグストア業界では決して低くはない年収となっています。

今回はそんなカワチ薬品を薬剤師目線で徹底解説!

この記事を最後まで読めば、カワチ薬品に転職した場合の年収や働きやすさが完全理解できますよ。      

 

この記事で解説する内容

  • カワチ薬品で働く薬剤師の年収
  • カワチ薬品で働く薬剤師の労働環境
  • カワチ薬品は転職先として良いか?

 

ドラッグストア向け薬剤師転職サイト

転職サイト名 総合評価 特徴

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

 

 

 

  • 面談による的確なアドバイス
  • 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる
  • 転職後のアフターフォローが充実

 


薬キャリ

 

 

 

  • 対応の速さが業界一
  • 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい
  • 薬剤師の利用者数No.1

 


リクナビ薬剤師

 

 

 

  • 薬剤師の求人件数は約35,000件
  • 新着求人は毎日30件以上
  • 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み

 

 

カワチ薬品で働く薬剤師の年収

カワチ薬品で働く薬剤師の年収

 

カワチ薬品は大手ドラッグストアチェーンで業界トップ10に入る企業です。  

知名度としては申し分なく、業界再編が激しいドラッグストア業界で、地域に根差した堅実な経営を行っています。  

そんな、カワチ薬品の年収や昇給について徹底解説していきます。

 

カワチ薬品に中途入社した場合の年収

ズバリ!カワチ薬品に中途入社した場合の薬剤師の年収は以下の通りです!

 

カワチ薬品の年収

500万から600万

 

2020年度の薬剤師平均年収は548.3万円程度。(2020年度の賃金構造基本統計調査)  

この年収は現役で働いている薬剤師全年齢の平均データとなっているので、中央値だと500万円台前半まで下がります。  

カワチ薬品で働く薬剤師の初任給が500万円前後でスタートすることから、ある程度経験を積んだ薬剤師なら500万円台後半の年収を見込むことが出来ますよ。  

なぜなら、実際にカワチ薬品で働く薬剤師の口コミをみてみると、「入社5年目で550万円」との書き込みがあるからです。  

この金額には残業代が含まれていないので、月40時間残業した場合の年収は余裕で600万円を超える金額となります。  

基本給と薬剤師手当が分かれているため、賞与に関しては基本給ベースとなってしまいますが、ドラッグストア業界ではなかなかの年収と言えますね。  

 

新卒でカワチ薬品に入社した薬剤師の友人は、年収500万円程度と言っていました!

 

初任給で年収500万円を超えるのは、大手のドラッグストアだけ。  

入社して色々な業務を経験すれば管理薬剤師や店長という役職が付くので、その分年収が上がることを考えると、年収600万円は簡単に超えることが出来るというのが現実的ですね。  

 

カワチ薬品で働く新卒の薬剤師年収

以下はカワチ薬品に新卒で入社した場合の薬剤師年収です。

 

  • ナショナル社員 353,820円(薬剤師手当等含む)
  • エリア社員 326,330円(薬剤師手当等含む)

※参照:カワチ薬品

 

カワチ薬品で働く薬剤師は、引っ越しを伴う店舗異動があるナショナル社員と、決められたエリア内で店舗異動するエリア社員に分かれます。  

上記の通り、引っ越しを伴い店舗異動があるナショナル社員の方が、月給が3万円以上多くもらえるため、年収換算にすると36万円もの差が生まれます。  

一か月分の給料に相当するため、少しでも年収を上げたいと考えているならナショナル社員の方がいいですね。  

しかし、カワチ薬品は、岩手・山形・宮城・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・長野・山梨・静岡に店舗があるため、東日本中心に店舗異動する可能性があります。  

 

ナショナル社員はかなり優遇されている

カワチ薬品に中途採用で入社した場合の年収は正社員薬剤師で500万円からと説明しました。  

しかし、上記で説明した通り、ナショナル社員かエリア社員かによる年収36万円の差があるほかに、交通費、役職、家賃補助、家族手当、単身赴任手当によって年収の幅があります。  

カワチ薬品は郊外型のドラッグストアが多いため、基本は車通勤。  

通勤距離に合わせて、しっかりとガソリン代が支給されるほかに、ナショナル社員においては家賃補助が出るため、補助の範囲内で物件を探すことも可能です。  

会社都合の転勤においては、引っ越し費用がしっかりと支払われるため、ナショナル社員がかなり優遇されていることが分かります。  

提携業者の物件であればどんな物件を選んでも問題ありません。

 

カワチ薬品の社風を徹底解説!

カワチ薬品の社風として実力主義な面があります。  

学歴や年齢に関係なく、結果を出せば比例して役職や給料がどんどん上がっていきますよ。  

実力主義というとハードなイメージがありますが、社内の風通しは良く、疑問点や意見があれば気軽に話せる環境が整っています。  

他店との交流も積極的に行っており、社員同士の距離感が程よく、お互いが切磋琢磨して仕事に臨む姿勢が見られる会社です。  

お客様の事を第一に考え、地域に根差した環境で仕事がしたいと考える薬剤師の方にはぴったりな会社と言えます。  

 

カワチ薬品で働く薬剤師の業務内容は?

カワチ薬品で働く薬剤師の業務内容

 

カワチ薬品で働く薬剤師の業務は、OTC医薬品の販売・管理と調剤業務が中心です。  

基本的には調剤併設店での調剤業務が中心。  

配属店舗によってメインとなる扱い処方が異なりますが、OTC販売においても商品が多いため 商品知識が身につきます。

専門職として、医療用医薬品と一般用医薬品の併用などの相談経験を積み、より知識を深めたいと考えるなら、カワチ薬品は有利な会社です。

 

カワチ薬品で働く薬剤師の労働環境

カワチ薬品で働くと「仕事が大変?」とのイメージを持ちがちです。

ここからは、実際にカワチ薬品で働く薬剤師の体験をもとに労働環境を徹底解説します。

忙しさは配属される店舗による

カワチ薬品の労働環境は、配属される店舗によって違いがあります

忙しい店舗とそうでない店舗の差がどうしても生まれてしまうためです。

どの店舗でも残業はほどほどにあるので、退勤後にプライベートの時間を充実させたいと考えるのは少し無理があるようです。

カワチ薬品ではなるべく残業を少なくするような風潮があります。

たとえ残業が発生しても、残業代はしっかりと支払われますよ。

 

カワチ薬品の年間休日

カワチ薬品の年間休日数は110日となっています。 

基本的にはシフト制で働くことになり、月2回までは休みの希望を伝えることが出来ます。

忙しい月は有給と使うことが難しいことがありますが、調剤店舗においてはかなり融通が利きやすいです。

ドラッグストアのサービス業という特性上、長期間の休みはなかなかとりずらいようです。

 

カワチ薬品の企業情報

カワチ薬品の企業情報

社名:株式会社カワチ薬品

本社所在地: 〒323-0061 栃木県小山市卒島1293

URL    : https://www.matsukiyo.co.jp/

店舗数        : ドラッグストア346店(内調剤併設型123店)

従業員数    : 2,703名

出店地域  :栃木県・茨城県・群馬県

       千葉県・埼玉県・東京都

                       神奈川県・福島県・青森県

                       宮城県・山形県

                       岩手県・秋田県・長野県

                       新潟県・静岡県・山梨県

2021年3月(連結)現在

※参照:カワチ薬品HP

 

1996年カワチ薬品は従来のメガ・ドラッグストアをさらに一歩推し進め、調剤薬局併設型メガ・ドラッグストアを完成させました。

現社長が大型店開発担当であった当時、米国流通業を研究し、日本に適した独自のフォーマットとして開発した業態が「メガ・ドラッグストア」です。

現在も着々とインストア型調剤薬局を各県に増やしていますよ。

カワチ薬品はまだまだ大きく成長する将来性のある会社です。

 >>>ドラッグストア業界の売上ランキング【最新版】  




カワチ薬品の研修制度は?

カワチ薬品は、充実教育+実力主義で、社員のやる気を育てています。

それぞれの可能性を拡げながらキャリアステップを用意。

薬剤師の仕事においても、調剤だけに限らずOTCの理解にも注力しています

 

カワチ薬品の研修内容

 

eラーニングを主とした研修を通し、自分でやればやるだけ成長につながる環境が整っています。

やる気のある人材には積極的にポストを与え適切に評価。

企業として法令遵守への取り組みはしっかりとしており、薬剤師としての業務を正しく行う環境づくりに注力しています。

 

調剤薬局を併設していない店舗に配属されたとしても、3カ月間の調剤研修をしっかり受けることが出来ますよ。

 

カワチ薬品の福利厚生は?

カワチ薬品の福利厚生

 

カワチ薬品の福利厚生です。

雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金
保険厚生貸付金制度
社員持株制度
社員割引購入制度
財形貯蓄
団体生命保険
団体自動車保険
慶弔見舞金

※参照:カワチ薬品HP

 

福利厚生は一般の大手企業並みに充実しています。

厚生貸付金制度は、あなたが病気やケガをした場合や、教育資金が必要になった場合などで急なお金が必要になった時に、会社がお金を貸付してくれる制度です。

 

女性が働きやすいカワチ薬品の制度

カワチ薬品では仕事と家庭が両立できる仕組み作りに積極的な取り組みを行っています。

2008年5月に「くりみん」認定を受け、より高い水準の取り組みを実施した結果、一定基準を満たした企業に対し認定される「プラチナくるみん」の認定(2020年)を受けました。

 

くるみん認定・プラチナくるみん認定

 

次世代認定マーク「くるみん」「プラチナくるみん」とは、2005年4月施行の「次世代育成支援対策推進法」及び2014年の法改正に基づいた子育て支援のための行動計画(一般事業主行動計画)に取り組み、実績が認められた事業主が認定されるものです。
「プラチナくるみん」は、「くるみん」認定を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを実施し、一定基準を満たした企業が認定されるものです。

※参照:カワチ薬品HP

 

カワチ薬品に訪れるお客様の悩みを一緒に解決出来るような知識と心を持った社員は会社の財産だと考えており、優秀な社員の定着と育成、豊かな心を育む働きやすい環境づくり、モラール向上等を目的に取り組みを実施。

産休育休もしっかり取れるので女性も働きやすい職場と言えます。

 

カワチ薬品で働く薬剤師の口コミ

カワチ薬品の口コミ

 

ここでは、ネットで集めたカワチ薬品で働く薬剤師の口コミを紹介します。  

 

男性薬剤師の口コミ

入社を決めた理由は、創業者が薬剤師であり、調剤業務の仕事に対して理解を持っていると思ったからです。

実際に店舗を見学した時には、患者さんのための調剤薬局だと感じることが出来ました。

店舗見学で対応してくれた薬剤師の方の働きぶりと印象が良かったです。

他には研修制度が充実している点と、社宅の借り上げ制度があることが理由です。

 

男性薬剤師の口コミ

eラーニングを通したネットでの研修がメインとなっていますが、頑張れば頑張っただけ成長につながると思いましたし、評価する側もやる気のある社員には積極的にポストを与え、しっかり評価してくれていたように思います。

 

男性薬剤師の口コミ

シフト制なので、月2回まで休み希望を取得することが出来ました。

しかし、ドラッグストアの調剤薬局という業務の特性上、長期間の休みの取得はむずかしかったです。


残業はほどほどにあるので、業務後に自分のための時間が多くとることはあまりできませんでした。

 

男性薬剤師の口コミ

中途で薬剤師として入社し5年目の年収は年収650万円から700万円(月に40時間ぐらいの残業代込)ほどでした。

 

男性薬剤師の口コミ

昇給はきちんと毎年あります。

残業代は薬剤師であればしっかり支給されますが、一般社員は一定以上の残業代はカットされているようです。(自主的にサービス残業)

 

男性薬剤師の口コミ

新卒で薬剤師として入社し、在籍5年ほどで年収は570万円くらい。

基本給と薬剤師手当が分かれているので、賞与は基本給をベースに支給されます。

しかし、ドラッグストア業界ではなかなかの水準の給料だと思います。

 

口コミから分かりように、カワチ薬品の年収は比較的高い部類に入りますが、残業が少し多いのかな?というイメージですね。

しかし、昇給がしっかり行われるので、勤続年数が長いほど年収もアップする傾向にあります。

薬剤師であればサービス残業を強いられる心配は無い点は安心ですね。ことがわかりましたね。

 

まとめ

カワチ薬品は雑貨やOTC医薬品の売り場面積が大きいので、医療用医薬品だけでなく、色々な知識を得ながら働きたいと考える薬剤師の方にはぴったりの労働環境です

残業が多い点は少し気になりますが、その分しっかりと支払われるので、現状よりも年収をアップしたいなら、カワチ薬品は転職の選択肢に入るといえます。

そして、カワチ薬品に他の人よりももっと有利な条件で転職したいと考えるならなら人材紹介会社の利用が良いかもしれません。

なぜなら、転職のサポートを無料でしてくれるだけでなく、年収の交渉も人材紹介会社がおこなってくれるからです。

ドラッグストアの求人なら『薬キャリ』、『リクナビ薬剤師』、『マイナビ薬剤師』が強いです。

マイナビ薬剤師』を例に、カワチ薬品の求人を検索すると70件近い件数がヒットします。

 

カワチ薬品の求人①

カワチ薬品の求人①

 

カワチ薬品の求人②

カワチ薬品の求人②

 

転職活動で他の会社が気になったり、転職の幅を広げたくなったら複数社登録が良いですよ。  

なぜなら、薬剤師転職エージェントの比較検討ができるからです。

 

薬剤師転職エージェントの具体的な選び方についてはこちら>>>

【実体験】薬剤師転職エージェントが信用できない理由。失敗しない選び方も解説

 

わたしの場合、5社登録して転職活動をしました・・・。(初回のヒアリングがとての大変でしたが・・・。)

 

この記事があなたの転職の手助けになればうれしいです。

 

失敗しない薬剤師転職エージェントを徹底比較>>> 薬剤師転職エージェントを徹底比較【転職サイトをランキングで解説】  

 

P.S.

他の記事が気になったら、スマホなら左上にある三十線のメニューから、パソコンやタブレットの方は上のメニューからどうぞ。

現在の仕事で悩み苦しんでいる方の人生をより良くすることが、このブログを書き続けるモチベーションとなっています。

少しでも共感して頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いしていただきありがとうございました!

 

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2021 ファーマリーチ