サンドラッグの口コミや評判は良い?【薬剤師の年収】

薬剤師の転職

サンドラッグで働く薬剤師の年収や評判は?

・サンドラッグで働く薬剤師の年収ってどれくらい?

・サンドラッグに転職を考えているんだけど評判は?

 

 

そんな疑問を解決できる記事を書きました!

 

 

この記事を書いている私は

ドラッグストア、調剤薬局など様々な薬剤師の職場を経験したことのある現役薬剤師です。新卒でドラッグストアに勤務していました。ブログにて、薬剤師の情報発信を行っています。

 

『サンドラッグで働く薬剤師』と聞くと、ちょっと年収高めだけど仕事が忙しい・・・みたいなイメージがありませんか?

 

結論から言うと、サンドラッグは業界大手なので、年収は他のドラッグストアと比較すると高収入の部類に入ります。

 

そして意外と働きやすい環境が整っているのがサンドラッグの強みでもあります。

 

この記事では、サンドラッグに関する年収や仕事内容などをまとめて徹底解説します!

 

実際にサンドラックへ転職した友人からも色々聞いた話も記事にしているので、サンドラックで働く薬剤師の年収や評判をしっかり理解できる内容になっていますよ。

 

この記事で解説する内容

  • サンドラッグで働く薬剤師の年収
  • サンドラッグで働く薬剤師の労働環境
  • サンドラッグは転職先として良いか?

 

オススメ転職エージェント

 

 

サンドラッグで働く薬剤師の年収

さっそくサンドラッグで働く薬剤師の年収を見てみましょう!

サンドラッグへ中途入社した場合の年収

サンドラッグの年収

  • 30歳で600万円~
  • 35歳で720万円~
  

 

かなり年収が高いことが分かりますね。

上の金額はモデルケースで、店長などの役職が付いた手当も含まれていますが、頑張れば700万円近い年収が貰えるということを指しています。

 

20代薬剤師の平均年収は413万円(平成29年賃金構造基本統計調査)なので、サンドラッグはかなり高い年収だと判断できますね

 

サンドラッグへ転職した友人の薬剤師年収は500万円行かないくらいだったので、30代前後で薬局長レベルになれば年収が100万円ほど上がることから、上記のモデルケース年収は現実的な数字となります。

 

サンドラッグで働く新卒の薬剤師年収

  • 調剤勤務時308,750~376,750円(薬剤師手当10万円含む)
  • OTC勤務時、および調剤+OTC研修終了後328,750~396,750円(薬剤師手当12万円含む)

※参照:サンドラッグHP

 

調剤勤務かOTC勤務かによって年収は変わってきますが、いずれにしても月収30万円ちょっとなので、年2回のボーナスを加味すると450万円程度となります。

サンドラッグの雇用形態は正社員以外にも契約社員やパートで働くことも可能ですが、正社員の薬剤師として働く場合には、全国の転勤を伴う「ナショナル社員」か、異動が地域限定の「狭域エリア社員」を選択。

ナショナル社員だと5,000円の手当に加え、転居を伴った異動をするとさらに4万円の手当がつくので、残業代等を加味すると新卒から余裕で500万は超えますね。

 

以下は、ネットで書かれたサンドラックで働く薬剤師の口コミです。

 

女性薬剤師の口コミ

新卒入社。薬剤師で年収480万円前後

 

男性薬剤師の口コミ

新卒薬剤師で450万程度。 借り上げ社宅自己負担2万円 実質年収は500万円程度

 

男性薬剤師の口コミ

60代で中途入社。 年収516万円 給与は面接で決まった。

 

実際の口コミを参考にすると、サンドラッグに転職する際に狙える年収は470万円~となっています。

新卒だと年収は456万円からなので、ある程度経験を積んだ中途採用だと500万円前後で交渉するのも可能。

 

 

サンドラッグは薬剤師手当が高いので、基本給が安いとボーナスが少ないと考えがちですが、ボーナスはきっちり年2回の支給となります。

 

サンドラックで働く薬剤師は年間で合計80万円前後のボーナスをもらえますよ。

 

サンドラッグの社風を徹底解説!

サンドラッグの社風として特徴的なのが、薬剤師教育に力を入れている点です。

サンドラッググループは薬剤師教育制度がしっかりしており、かかりつけ薬剤師を育成するために、調剤コースとOTCコースを用意しています。

 

  • 調剤コースでは2年間の調剤研修を行い、その後は調剤を続け門前型店舗で調剤の専門性を高めるコースと2年間のOTC研修を経て調剤併設型かかりつけ薬局で活躍するコースを選択。
  • OTCコースでは2年間のOTC研修を行った後は、OTCを続けカウンセリングを究めるコースと2年間の調剤研修を経て調剤併設型かかりつけ薬局で活躍するコースを選択。

 

いずれかの希望のコースを選択することができるので、両方学びたいと考える薬剤師にはぴったりの環境で仕事が出来ますよ。

 

サンドラッグの薬剤師の業務内容

サンドラッグで働くOTCに配属された薬剤師は「1店舗2ライン制」という制度で働いています。

店舗ごとに「接客・カウンセリング」をする薬剤師と、「店舗運営」をする店舗運営責任者を配置してそれぞれの役割を分担する働き方のことです。

つまり、薬剤師は店舗運営を行わず、接客に集中するということですね。

もちろん、調剤業務専門で働く薬剤師もいます。

上の章でも話しましたが、入社したら「OTC」「調剤」「両方兼務」かを選び、それぞれのキャリアを築いていくというスタンスとなっています。  

 

調剤コース(調剤併設型、門前型)

  • 2年間の調剤研修を経て門前型店舗で調剤の専門性を高めるコース
  • 2年間のOTC研修を経て調剤併設店で活躍するコース

OTCコース

  • 2年間のOTC研修を行い、その後はOTCを続けカウンセリングを究めるコース
  • 2年間の調剤研修を経て調剤併設型かかりつけ薬局で活躍するコース

※ 各コース2年後にコース変更も可能

 

サンドラッグで働く薬剤師の労働環境

サンドラッグは給料はいいけど仕事が大変とのイメージがあります。

実際にサンドラッグで働く薬剤師の友人の話をもとに労働環境を解説します。

残業の有無は店舗によって異なる

サンドラッグの残業量は、配属される舗によって違いがあります

都心部などの駅前店舗は比較的残業が多いので忙しいですが、忙しくない店舗にはいぞくされると定時で帰れますことが多いです。

サンドラッグに転職した友人はあまり忙しくない店舗で働いているため、『シフト通りの勤務時間』と話していました。

 

たまに他店へ応援に行くときもあるようですが、忙しい店舗だと結構大変みたいですよ。

 

月の労働時間は決まっているため、長時間労働をしたら別の日は早めに帰ることもあります

もちろん残業代はちゃんと支給されるので、たくさん働いた月は残業代が10万円以上にことも。

 

サンドラッグ全体の傾向として、残業はなるべく少なくするよう指導されるようですが、沢山稼ぎたいと考えるなら忙しい店舗を希望することも可能です。

 

男性薬剤師の口コミ

ワークライフバランスにおいてはプライベートの方に重きを置いている社員が多い。

調剤併設店は処方箋が少ないので仕事に満足できるかは人それぞれ。

 

男性薬剤師の口コミ

1日の労働時間は店舗によって異なる。

私が配属していた店舗は、12時間拘束で実働10.5時間。

連休は希望を言えば取れる。

 

男性薬剤師の口コミ

店舗によってかなり異なるが、残業によってプライベートの時間が少ししか持てなかった。

もっとプライベートの時間を持ちたいと思っている。

しかし、同僚などをみていると、現状に満足している人が多いのも事実。

 

人によって残業による労働時間の長さのとらえ方は異なりますが、一般的な範囲の残業量だと分かります。

 

残業した分は残業代としてきっちり支払われるので安心してください。

 

サンドラッグはノルマはある?

店舗の売り上げ目標はありますが、個人で厳しいノルマが課されることはありません。

しかし、販売個数の目標を個人で決めてエリアマネージャーに報告します。

 

女性薬剤師の口コミ

販売個数を個人で決めてエリアマネージャーに報告するが自己申告制。

販売数をごまかしてる人も沢山いるので、やる気が出ないし、どこまで評価されてるのかもわからない。

 

上記のような口コミもありましたので、数字に追われるような環境の中で仕事をすることはありません。

サンドラッグでは自社のPBブランドの商品に力を入れています。

OTCに配属された薬剤師はお客さんとの接客を通してPB商品を勧めるように言われますが、 2ライン制のためカウンセリング中心の仕事をし、薬剤師の専門性を最大限活かす働き方が出来ます。  




サンドラッグの年間休日

サンドラッグの薬剤師の年間休日は116日となっています。

ドラッグストアとしてはは平均的な年間休日数。

以下は、サンドラッグで働く薬剤師の口コミです。

 

男性薬剤師の口コミ

希望休が付き3日取れるが、店によっては取りずらい雰囲気がある。

年末年始やGWは休みが取りづらいので、家庭を持つと辛い。

営業時間が長い店は1日当たりの労働時間が長くなるが、休みが1,2日多くなる。

男性薬剤師の口コミ

土日祝日の休みや連休は取りづらいが、現在の店舗は残業が無いのでプライベートが充実している。

男性薬剤師の口コミ

平日休みは好きな日に取れるので、平日に時間を有効活用したい人にとっては良いと思う。

家庭を持って、土日祝に合わせ連休を取るのは多くて3~4連休までしか取れない。

しかし、新婚旅行などはしっかり取得できてる人が多い。

 

男性薬剤師の口コミ

有給を希望すればしっかり取得できる社風です。

特に薬剤師は優遇されていて、一般社員と比較すると有給の希望が通りやすいのが特徴。

 

薬剤師であれば有給や希望休が比較的希望通り通るので、転職によってワークライフバランスを見直したいと考える方にはぴったりの会社といえます。

 

サンドラッグの企業情報

サンドラッグの企業情報

【設立】1965年 【社員数】2,978名

【店舗数】663店舗 【売上】5,880億円

【平均年齢】33.0歳 【平均勤続年数】8.0年

(2019年度)

 

サンドラッググループには株式会社サンドラッグファーマシーズ、株式会社サンドラッグプラス、株式会社星光堂薬局、などが存在し、東証一部に上場しています。

 

とても安定している優良企業だとわかりますね。

 

サンドラッグはこれからも調剤併設店を中心に増やしていく計画となっています。

主に関東を中心とした店舗展開を行っているので、東京近辺で働きたいと考えている薬剤師の方にはぴったりの会社です。  

 

薬剤師の専門性を発揮しながら働くことが出来るので、定年まで安定して働ける企業ですね。

 

>>>ドラッグストア業界の売上ランキング【最新版】

 

サンドラッグの研修制度

サンドラッグの本社は府中にあります。

府中の本社は研修センターも兼ね備えており、教材を使った集合研修を実施。

「人材こそ最大の経営戦略」の理念のもと、15年かけて培った充実の教育プログラムで徹底的なサポートを受けられます。

 

クリックで拡大

参照元>>>サンドラッグHP

 

サンドラッグで働く薬剤師の研修制度に対する口コミは以下の通りです。

 

女性薬剤師の口コミ

年4回の知識試験があり、そのおかげで薬剤師としての知識が身につきます。

男性薬剤師の口コミ

堅守に点綴薬剤師を会社で取得させてくれるので、かかりつけ薬剤師に最短でなれます。

男性薬剤師の口コミ

サンドラッグの研修は年々充実している。 社内の研修で満足しなければ、社外の研修に参加するのもアリです。

男性薬剤師の口コミ

休日を利用しての毎月研修がある。 知恵を吸収して自己研磨したい人にとっては良いが、ほどほどの人にとっては向いていないのかもしれない。

男性薬剤師の口コミ

教育制度はしっかりしている。 毎月セミナーは3年目までは給料が出る。 薬機法などで販売方法が変われば連絡があり、後日セミナーなどでも教えてくれる。

 

OTCと調剤を両方学べる環境が整っているので、スキルをもっとのばしたいと考える薬剤師にとってはとても良い環境で働けます。

 

サンドラッグの福利厚生

サンドラッグの福利厚生は以下の通りです

  • 福利厚生制度
    社員購買割引制度、退職金制度、財形貯蓄、住宅資金貸付制度、弔時見舞金、定期健康診断、 がん検診補助制度、社員親睦会、介護休暇制度、ボランティア休暇制度 国家試験準備休業制度(薬学部のみ) ほか
  • 子育て支援制度
    出産祝い金制度、産前産後休暇制度、育児休業延長制度、育児短時間勤務延長制度、育児休暇制度、復職フォロー制度 ほか
  • 福利厚生施設
    借上社宅制度、リゾートホテル割引利用(企業提携)、自社保養所(蓼科山荘、南箱根山荘、山中湖リゾートマンション)、全国契約保養所 ほか
  • 社内制度
    公休希望制度、社内表彰制度(優秀接客者賞、優秀販売員賞、新人賞)、女性活躍推進プロジェクト、2年目提案会議、店長提案会議、PB開発提案、店舗出店提案、組合旅行(北海道・沖縄・グアム・台湾)ほか

参照元>>>サンドラッグHP

 

サンドラッグは一般的な福利厚生に加えて「社宅制度」というものがあります。

転勤に伴う引っ越しの際には、引っ越し費用はもちろんのこと家賃を負担してくれる場合があります。  

 

他にも、男性専用の独身寮が用意されています。

 

サンドラッグは女性も働きやすい

サンドラッグは女性の働きやすさの向上のためにさまざまな福利厚生があります。

育児短時間勤務制度」は、法律では子供が3歳の誕生日を迎えるまで勤務時間を6時間に短縮できる制度です。

 

サンドラッグでは子供が小学2年生になるまで延長でます。

 

女性薬剤師のコメント

育児休暇は男性社員でも活用しています。

家庭と仕事の両立は、周囲と相談の上で行えば充分可能です。

(たまに問題も起きるが、そのほとんどは、事前に周囲や上司との相談や根回しをしていないものです。)

 

女性薬剤師のコメント

子育て中の人が、子供の高熱で来れなくなった場合でも、仕方ないよね〜と許される空気があります。

育休や産休もしっかり取れるし、復帰時期も自由です。

そのことで不満が出るようなことはないが、来れなくなった場合の人員補充ながないため店舗としてはきつい。

しかし、子供がいる人はシフトなども自由に融通が利きます。

 

産休・育休を経て時短で働いている薬剤師が多い。

シフトも考慮してもらえるので働きやすい環境だと思う。

 

育休後の復職、時短勤務率は高い。

現場、本社共に子供を持つ家庭に対する考えが相互に理解できるため、働きやすい環境です。

セクハラ等の問題にも対応する仕組みづくりがしっかりあり、、対応例もある。


役職付きの女性もいるので、能力があれば男女は関係なく出世できる。

 

 

まとめ

サンドラッグは給料が良いけど激務というイメージがありました。

薬剤師が持つ専門知識をしっかりと仕事場で発揮できる環境は、他のドラッグストアを見てみてもなかなかありません。

事実、友人の薬剤師もサンドラッグに転職しました。

その際、都心部から地方へ引っ越したのですが、会社の居心地が良いのか今でも地方で働いています。

ぜひ、サンドラッグへの転職の際はこの記事を参考にしてみてください。

もし転職活動で利用する人材紹介で迷っているなら『薬キャリ』、『リクナビ薬剤師』、『マイナビ薬剤師』がおすすめ。

ドラッグストアの求人なら『マイナビ薬剤師』が一番強いですが、効率的に転職活動を行なら複数社登録が良いですよ。

 

失敗しない薬剤師転職エージェントを徹底比較>>>
薬剤師転職エージェントを徹底比較【転職サイトをランキングで解説】

 

おすすめ薬剤師転職エージェント

転職エージェント名 特徴
  薬キャリ
  • 対応の速さが業界一
  • 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい
  • 薬剤師の利用者数No.1
  リクナビ薬剤師
  • 薬剤師の求人件数は約35,000件
  • 新着求人は毎日30件以上
  • 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み
  マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師
  • 面談による的確なアドバイス
  • 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる
  • 転職後のアフターフォローが充実

 

オススメ転職エージェント

 

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2021 ファーマリーチ