薬剤師の第二新卒はいつまで?転職に失敗しないポイントを解説

薬剤師の転職

【失敗は防げる】薬剤師の第二新卒はいつまで?転職のポイントを解説

・薬剤師の第二新卒はいつまで?
・薬剤師の第二新卒が転職に失敗しないポイントは?

 

このような疑問にお答えします。

 

新卒で入社した会社を辞めて、次の会社を探そうとする薬剤師の方は結構いると思います。

「次は納得のいく会社に入ろう」と転職活動を頑張っている人もいるのではないでしょうか?

 

なので、今回は「【失敗は防げる】薬剤師の第二新卒はいつまで?転職のポイントを解説」というタイトルでブログ記事を書きました。

 

この記事を読めば、薬剤師の第二新卒がやりがちな転職活動の失敗について学べるので確認してみてください。

 

 

薬剤師の第二新卒はいつまで?

求人の募集要項など見ていると、たまに「第二新卒」と書かれている求人があります。

あなたは「第二新卒」に該当するのか気になりますよね?

まずは、「第二新卒」についてしっかり確認しておきましょう!

第二新卒とは?

結論から言うと「第二新卒」という言葉には明確な基準はありません

しかし、世間一般的には学校卒業して入社後3年以内に転職活動する人たちの事を言います

似たような言葉で「既卒」と言う表現がありますが、既卒は学校卒業後一度も正社員として働いたことが無い人たちの事を言います。

なので、「第二新卒」という言葉とは明らかに意味が違ってきます。

第二新卒の年齢

第二新卒が該当する年齢は、「学校卒業後3年以内」と言われているので、薬剤師だと27、28歳以下の事を指しています。

薬剤師は前から飽和になると言われ続けていますが、採用市場は「売り手市場」となっており、採用がなかなか進まない企業が増えているのが現状です。

その状況に追い打ちをかけるように、新卒入社した社員の約30%が3年以内に退職するとも言われています。

 

会社側は年齢の枠を広げざるをえなくなっているので、第二新卒からも人材を求める傾向があります。

 

 

薬剤師の第二新卒が転職で失敗しないためのポイント

それでは、第二新卒が転職で失敗しがちな具体的なポイントについてまとめたので紹介していきます。

以下の3つを押さえることが転職を成功させるカギとなります

ドラッグストアから貿易会社、最終的には製薬メーカーへ転職を成功させた経験からお話しします。

自己分析をする

自己分析は転職活動する際の。一番大切なポイントとなってきます。

やりたい仕事の内容や、自分が向いている仕事が分からないまま転職活動をすると、入社した会社とのミスマッチが生じ、最悪の場合で職場を辞めざるを得なくなってしまいます。

そうならないためにも、自己分析は必ず行いましょう!

自己分析を行うことによって、面接官に必ず聞かれる「なぜ前職を選んだのか?」、「なぜ会社を辞めたのか?」、「なぜこの会社に応募したのか?」をしっかりと答えられるレベルまでに到達できます。

わたしは専門家ではないので、自己分析のやり方については詳しく触れませんが、以下の動画は参考になります。

ぜひ一度、自己分析を行ってみてください。

 

ネガティブな退職理由をそのまま伝えない

退職理由の伝え方のポイントは、具体的な事実を伝えることです。

退職理由に嘘をつくことは、入社後にギャップを感じてしまうことがあるので長い目で見ると良くない結果をもたらしてしまいます

面接官はたくさんの経験があるので、転職希望者の「本音」を簡単に見抜いてしまします。

大切なのは、ネガティブな転職理由がある場合でも、強引にポジティブなものにすり替えたり、ウソを言ったりしないほうがよいということです。

こちらに退職理由の伝え方をまとめた記事があるので参考にしてみてください。

▼退職・転職理由の考え方▼

 

転職先が決まる前に勢いで辞めない

転職先が決まる前に辞めてしまうと後悔することがあります。

以下に後悔するポイントをまとめてみました。

・収入がない
・転職先が決まらない
・昼夜逆転生活

収入がない

薬剤師なのでそれなりの給料をもらっていると思いますが、仕事を辞めると当然お金が入ってきません。

求職中は家に引きこもるからお金を使わないし、失業保険もあるから大丈夫と思っても、国から容赦ない支払いの催促が来ます。

健康保険、国民年金、住民税、などです。

特に住民税は金額が大きく、月収33万円の人が退職して支払う住民税の金額は年間で30万円にもなります

 

なので、なるべく空白期間を作らない転職活動をすることをおススメします。

 

転職先が決まらない

薬剤師と言えでも、転職活動を始めたからと言ってすぐに就職先は決まりません。

転職活動を初めてから入社までにかかる期間は、早くても1カ月はかかってしまいます。

平均的な転職活動期間はリクナビが公表しているデータで3~6カ月となっているので、余裕のある転職活動が求められています。

※画像はリクナビから引用

昼夜逆転生活

退職してからの数日は、開放感がすごいです。

その開放感に浸り、夜遅くまで動画やゲームなどをすると簡単に生活リズムが崩れます。

生活リズムが崩れると免疫力が落ちるので体調不良に陥りやすくなり、なかなか転職活動を開始できない状態となってしまいます。

そうならないためにも、生活リズムの予定を立てる必要があります。

 

薬剤師の第二新卒のメリット・デメリット

ここからは、薬剤師のメリット・デメリットについて説明します。

それぞれ、面接時の武器になるのでしっかりと理解しておきましょう!

薬剤師の第二新卒のメリット

フレッシュさとやる気を兼ね備えている

第二新卒は年齢が若いので、会社にとってとても魅力的です。

若くて素直なので、初々しい雰囲気を持つ人材は、会社の文化・業務に慣れるための教育がしやすいので、積極的な会社はそのような人材を求める傾向にあります。

さらに、前向きさも兼ね備えているので、仕事に対する理想を持って努力する人材を会社は欲しています。

ビジネスマナーを習得している

第二新卒では社会人としてのコミュニケーション力をある程度備えていることが求められます。

面接では挨拶、的確な受け答え、質問の聞き方などが社会人としてふさわしいレベルであるかどうかを見られます。

 

薬剤師の第二新卒のデメリット

すぐ辞めてしまうのではと思われてしまう

社会人歴が浅い状態で第二新卒として転職すると、新卒で入社した会社をを短期間で辞めることになります。

仕事などへの適性を短期間で判断してしまいがちになるので、仕事の辞め癖がついてしまうかもしれません

そのように判断されないためには、前職の退職理由についてしっかりと準備する必要があります。

経験やスキルが不足している

社会人経験があるといっても、浅い勤務歴では経験やスキルが不足していると判断されがちになるので、面接ではどのように対処するかが肝となってきます。

面接官も理解している部分ではありますが、そこはフレッシュさを利用した具体的な回答を、会社の業態に合わせて用意する必要があります。

 

まとめ:失敗は防げます

薬剤師の第二新卒について説明しましたが、第二新卒を採用したいと考えている会社は多いので、転職するにはいい機会だと言えます。

しかし、ポイントを抑えた転職活動を行わなければ薬剤師と言えども成功は難しいです。

今後の為にもしっかりと自己分析を行い、会社とのミスマッチを避けることによって転職の回数を減らしておきましょう。

転職をする際は、転職エージェントを利用することが成功のカギとなります。

 

転職エージェントは企業の求人紹介を行ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書の添削や、面接対策を無料で行ってくれます。

 

転職は人生の選択において失敗できない重大な場面となっています。

誰よりも早くレアな求人を簡単に見つけるには、転職サイトに登録するのが一番良い方法です。

どんなに利用してもお金は一切かからないので、わからないことが有ればどんどん質問していきましょう!

 

▼おすすめ大手薬剤師転職エージェント▼

転職エージェント名特徴
 


薬キャリ

  • 対応の速さが業界一
  • 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい
  • 薬剤師の利用者数No.1
 


リクナビ薬剤師

  • 薬剤師の求人件数は約35,000件
  • 新着求人は毎日30件以上
  • 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み
 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

  • 面談による的確なアドバイス
  • 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる
  • 転職後のアフターフォローが充実

オススメ転職エージェント

 

大手転職エージェント「薬キャリ」

薬キャリ

 

薬キャリの特徴

  • 対応の速さが業界一
  • 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい
  • 薬剤師の利用者数No.1

薬キャリはエムスリーキャリアが運営しており、薬剤師に特化した転職をサポートしている会社です。

利用した薬剤師からは、満足度95%と非常に高い評価を得ています。

 

利用した転職エージェントの中での対応の速さは1番でした!

 

薬キャリに1分で登録

 

 

大手転職エージェント「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師の特徴

  • 薬剤師の求人件数は約35,000件
  • 新着求人は毎日30件以上
  • 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み

リクナビ薬剤師は大手人材紹介企業のリクルートが運営する薬剤師に特化した転職エージェントです。

大手人材サービスという社内のネットワークを活かしたリクルートでしか見つからない求人もたくさんあります。

 

面倒と感じる連絡業務や事務手続きなどのサービスを無料で受けられます。

 

1分で登録可能!

 

 

大手転職エージェントマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師の特徴

  • 面談による的確なアドバイス
  • 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる
  • 転職後のアフターフォローが充実

マイナビ薬剤師はマイナビグループで運営されている薬剤師特化型転職サイトです。

担当者のミスマッチが無い的確なアドバイス力が好評で、たくさんの薬剤師が転職で利用しています。

 

マイナビ薬剤師は交渉力に長けており、大幅な年収アップを可能にしてくれました。

 

1分で簡単登録!

 

2回の転職経験から正直な話しをすると、『薬キャリ』、『リクナビ薬剤師』、『マイナビ薬剤師の3社から多くても2社登録するだけで一歩進んだ有利な転職活動が出来るのでおすすめです。

条件の良い求人からどんどん無くなっていくので転職を行うなら早めの登録をおすすめします

 

最後になりましたが、この記事があなたの転職活動の参考になればうれしいです。

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2020 ファーマリーチ