【後悔しない】薬剤師の転職エージェント選びでやったこと

薬剤師の転職

薬剤師の仕事がつまらないを打開する!放っておくと危険

 

薬剤師の仕事がつまらないな・・・。

 

 

そんな悩みを解決します。

 

 

この記事を書いている私は

ドラッグストアに新卒で入社→調剤に異動→接客業という仕事が合わない、つまらないと感じ退職→1ヵ月に渡り旅に出る→医薬品原料メーカーに転職→製薬メーカーに転職→自分に合う仕事が見つかり、仕事が楽しい!17時に仕事が終わる!←イマココ

 

 

薬剤師の仕事がつまらないと感じることはありませんか?

私の場合は、新卒でドラッグストアに就職し、OTCや調剤の仕事にやりがいを感じられなくなりました。しかし、現在では自分に合う仕事を見つけ、楽しく仕事をしています。

この記事は、薬剤師の仕事をつまらないと感じた場合の解決方法をお伝えしています。

最後まで読めば、今後の薬剤師として働いていく活力になると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

薬剤師の仕事がつまらないと感じる原因

 

薬剤師の仕事がつまらないと感じるなら、何かしらの原因が必ずあります。

その、根本的な原因が分からないと、「仕事がつまらない」という漠然とした理由で業務に身が入らず、最悪の場合は会社を辞め、転職を繰り返してしまう可能性があります。

ここでは仕事がつまらないと感じる原因を3つ挙げています。

現在の自分の状況や気持ちに照らし合わせながら考えてみてください。

 

業務内容が自分に合っていない

 

仕事の業務内容が自分に合っていないと、薬剤師の仕事はつまらないと感じてしまうかもしれません

調剤薬局の場合ですと、一日の仕事がルーティーンなので、変化を求める人には物足りなさを感じる場合があります。

OTCの場合は、カウンセリング業務ができると思っていたけど、実際は雑貨や食料品の取り扱いばかりで、大学時代に学んだ薬の知識を使う機会が無いことにギャップを感じることもあります。

このような場合、仕事がつまらないと感じることが多く、会社にいるのが苦痛だと思うことさえあります。

 

 

自分に原因がある

 

仕事がつまらないと考える原因には、やりがいを感じられないことがポイントとなります。

やりがいというのは、日々の業務での成功体験や、周囲の人たちから認められることによって生み出されます。

つまり、努力をしていないと成功体験や、周囲の人たちから認められることもありません。

努力は自分で行うものなので、仕事がつまらないという原因は、自分自身にあると言えます。

 

働いている環境に問題がある

 

薬剤師の仕事がつまらないと感じる原因は、働いている環境に問題があるかもしれません。

人間関係、年収、待遇が満たさることが大切です。

人間関係や、年収は、ある程度なら自分で努力できますが、ほとんどの場合は働いている環境に左右されます。

評価されなかったり、人間関係にストレスを感じていたり、仕事内容が単調すぎて成長できないと感じていたり、仕事が忙しく残業も多かったりすると、仕事がつまらないと感じます。

こうした状況で、能力を否定されたり、怒られたりすれば、余計にやる気が無くなり、仕事がつまらないと感じやすくなります

 

 

薬剤師の仕事がつまらないを解決する方法

 

仕事がつまらないと感じる原因がわかったら、それに合う解決の方法を取ることが大事です。

自分に原因があるなら、行動や考えを変えて努力しましょう。

しかし、働いている環境に問題があるなら自分では解決できないので、店舗異動や転職で環境を変えるしかありません。

私が行った経験から、2つの解決方法を挙げてみます。

 

自分の行動や考えを変える

 

そもそも薬剤師になった理由は何でしょうか?

医療で社会貢献したいから?年収が良いから?職に困らないから?

理由は様々ですが、もう一度自分を見つめなおしてみましょう

医療で社会貢献したいのなら、もっと勉強して専門知識が得られるように認定薬剤師になったり、在宅医療に挑戦することが出来ます。

患者さんから感謝されれば、やってきたことが認められ、努力することが楽しくなるはずです。

年収が理由なら、お金がモチベーションになるはずです。薬局長や、エリアマネージャーなどもっと上の役職を目指してがんばりましょう。

給料が増えることによって、モチベーションが上がり仕事が楽しくなるはずです。

 

異動や転職をする

 

仕事が合わないと感じたなら思い切って転職するのもアリです。

ドラッグストアの場合なら、OTC→調剤という流れが会社を辞めずに店舗異動だけで可能です。

私の場合は、ドラックストア→調剤→医薬品原料メーカー→製薬メーカーという2回の転職を経験したことで、自分が本当にやりたいことにやっと気が付き、現在の会社にたどり着きました。

新卒では、一般薬の販売を通したカウンセリング業務に興味があり、給料もいいので、ドラッグストアに就職しました。

しかし、現実は「いらっしゃいませ」の大きな声でのあいさつや、品出し・前陳をいかに早く出来るかが求められました。

声が低いせいで大声を出しているつもりでも遠くまで響かないことで、怒られ、やる気をなくし、ついには上司に「やる気がないやつ」というレッテルを張られ、評価が下がったことでボーナスが少なくなってしまい、だんだんと会社や仕事に愛着を感じられなくなってきました。

そしてOTCが嫌になったから、なんとなく調剤に異動したけど、そこでやっと接客業務が自分に合わないことに気が付き退職してしまいました。

ドラッグストア時代は、休日の夜が本当に憂鬱で、明日会社に行きたくないという事ばかり考えていたのです。

現在は、転職により自分に合った環境で仕事ができる職場を見つけたので、会社に行きたくないと考えたことは一度もありません。

それくらい、自分に合った仕事・職場で働くということは大切だと考えています。

 

おススメ記事
薬剤師の仕事が辛いから抜け出すための方法【原因別】
薬剤師の仕事が辛いから抜け出すための方法【原因別】

続きを見る

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

薬剤師の仕事がつまらないのは当たり前だと思って、今後も働き続けてしまうと、人間としても社会人としてもレベルアップが出来ないだけでなく、年収アップや昇進の機会まで逃がしてしまう可能性があります。

ぜひ、一度真剣に考えて、薬剤師として働いていく事の参考になればうれしいです。

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2020 ファーマリーチ