薬剤師転職エージェントを徹底比較!【信用できるサイトの選び方】

薬剤師の転職

薬剤師転職エージェントを徹底比較!【信用できるサイトの選び方】

転職したいけど、信用できる転職エージェントの選び方を知りたい

 

このような疑問がある方はこの記事を読んでみてください。

 

✅この記事を書いた人

まさつーさんの自己紹介

 

インターネットで薬剤師の転職サイトの口コミや評判を探してみると、たくさんありすぎてどのエージェントを選べばいいのか迷いませんか?

これからの日本を生き抜くためには転職スキルが必要ですが、適当な転職エージェントに登録すると損することがあります

 

わたしは過去にそのような記事を鵜呑みにして行動してしまい、転職エージェント選びに失敗してしまったことがありました。

 

このサイトでは。転職を経験した薬剤師が失敗しない転職エージェントを紹介しています。

最後まで読めば、あなたが転職活動で利用したい転職エージェントが必ず見つかるようになっていますよ

 

薬剤師転職エージェントの選び方

まずは薬剤師転職エージェントの選び方を説明します。

結論から言うと、転職エージェントを1社に絞るのは大変危険です。複数社登録をおすすめします。

会社を辞める前なら登録する転職エージェントは2社くらいでいいかもしれませんが、会社を辞めた後だと時間が無いので少なくとも3社は登録したほうがいいです。

理由は以下の2点です。  

 

ポイント

  • 転職エージェントによって扱う求人が異なる。
  • 面接から選考結果待ちに数週間はかかる。

 

リクナビネクストのアンケート結果を見ても、半数以上の方が複数社登録しています。

 

転職の際に、転職エージェントに登録した数

参照>>>リクナビネクスト

 

  薬剤師転職エージェントによって扱っている求人は異なってきます。

それぞれの会社に得意不得意があり、自分が希望している職種の求人が全く無かったら時間の無駄となってしまうからですね。

 

書類選考から最終面接までたどり着くのに遅い会社だと1ヵ月はかかってしまうケースも過去にありました。

 

このような理由から転職エージェントを1社だけしか登録しないのはリスクしかなく、なによりスムーズな転職が出来ないことは精神衛生上良くありません。

複数社登録しておけば、結果待ちの間にも他社の面接を受ける可能性が広がるのでその分チャンスがあります。

 

転職エージェントに複数社登録してることを伝えても全く問題ありませんでした。

それどころか、他社に転職案件を持っていかれたくないので、転職成功に向けて頑張ってくれました。

 

転職条件が「病院、調剤、ドラッグストア以外の業種で薬剤師として活躍できるところ」だったので、5社中の2社は案内できる求人が無くなり途中で連絡が来なくなったことがあります。

そのようなこともあるので、複数社登録をおすすめします。  

 

転職エージェントに登録すると最初に担当者からのヒアリングが行われますが、一気に登録すればいいというわけではありません。

対面で行う場合と電話で行う場合がありますが、どちらも30分以上はかかってしまい、かなり精神的に疲れますので、時間に余裕がある場合に行うことをおすすめします!

 

一気に5社登録は疲れるので、まずは2,3社から!

 

薬剤師転職エージェントの選び方

 

薬剤師転職エージェント選び方で失敗した話

薬剤師転職エージェント選び方で失敗した話

ここでは転職活動の際、転職エージェント選びで失敗したわたしの話を紹介します。

 

初めての転職活動の時は、 何もわからなかったのでとりあえずネットに載っていた求人サイトに問合せしました。

その案件を扱っている転職エージェントからすぐに連絡があったので現在の状況を話し、翌日履歴書の提出しました。

翌日と言う早めの段階で履歴書を提出したのですが、いつまで経ってもエージェントから連絡が来ません。

退職してからの3ヵ月間は旅とニートをしていたので、空白の期間が長くなることにかなり焦りを感じていました。

ついには3週間経っても連絡が来なかったので、こちらから連絡しました。

そして、帰ってきたエージェントの答えに愕然としたのです。

「応募した企業はすでに内定をもらっている方がいます。その方が入社の決断を保留しているため、書類選考の結果をお伝えするのはその後になります。」  

信頼していたエージェントからの回答を聞いて、自分がキープされている悲しさ、 3週間も時間を無駄にした怒り、自分の無知さに泣きそうになりました。

 

その後すぐに転職会社を探し、追加で4社の転職会社に登録しました

複数社登録し転職活動を行うことによって2か月後に内定をもらい、無事に転職活動を終えることが出来ました。  

 

薬剤師の転職エージェントの選びで複数社に登録してよかったこと

ここからは、複数の転職エージェントを登録してよかったことをお伝えします。

履歴書と職務経歴書の添削をしてくれる

履歴書は新卒での入社時に書いたことがあると思いますが、初めて転職する人は職務経歴書を書いたことが無い人もいると思います。

「職務経歴書 書き方」と、ネットで調べればいろいろ出てきますが、それだけで本番に臨むのは不安です。

転職エージェントに登録すれば、とりあえずで書いた内容を担当のが添削してくれます

複数社登録すればいろんな人に添削されるので、職務経歴書の内容もどんどんレベルアップしていきます。

面接の練習をしてくれる

担当者によっては面接の練習をしてくれる場合があります。

転職エージェントのオフィスまで行くのがめんどくさいなと思った日は、電話越しで面接の練習をてくれました。

複数の転職エージェントによって、面接のレベルがどんどん上がっていくので、内気な私でも最終的にはかなり自信が付いたのでおすすめです。  

いきなり電話で面接の練習をしても効果が無いので、一人でカラオケボックスに行って声を出して練習していました。

年収の交渉をしてくれる

エージェントは、転職を成功させると報酬が入る仕組みになっています。

例えば、500万円の年収で転職を成功させたら、転職者の年収3割(この場合だと150万円)を企業側から紹介手数料としてもらう仕組みです。

なので、少しでも年収を高くすれば、紹介手数料が多くなるので頑張ってくれます。

因みに、薬剤師側(求職者)は一円もお金を払わないので安心してください。  

エージェントには遠慮せずに、希望年収をどんどん伝えましょう!

 

信用できる薬剤師転職エージェントは?

薬キャリと、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師の紹介

結論から言うと、転職で成功するには転職エージェントをどこにするのかはあまり問題ではなく、担当者の熱量だと個人的には思っています。

担当者の方がどれくらい親身になって対応してくれるのかということです。

私をキープした転職エージェントは、有名な転職エージェント会社でした。

1回目の転職の1年後に、2回目の転職でもそのエージェント会社を利用したのですが、その時には担当が変わりしっかりと結果を出してくれたので、選ぶべきは転職エージェントの担当者の質ということになります。

ここでは転職エージェントの質が良かった大手転職エージェント3社を紹介します。

2回の転職活動で利用した転職サイトです。

正直なことをいうと、薬キャリ、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師の中から2社に絞って登録することによって、他者よりも一歩進んだ転職活動を行うことが出来るのでおすすめです。  

 

薬キャリ

薬キャリ

【公式サイト名】『薬キャリ

【おすすめ度】  

薬キャリは、最大級の薬剤師求人を掲載している薬剤師転職会社です。

薬キャリの最大の特徴は、エージェントの対応の早さと持っている案件の多さです。

多くの求人を持っているので、希望の求人を伝えればその日のうちに対応が可能です。

使用したエージェントの中でも、対応のすばらしさは薬キャリが一番でした

薬剤師の登録者数は業界No.1で、多くの薬剤師が利用しています。

レスポンスの速さ、エージェントを利用した満足度も95%と高い評価を得ています。

わたしの2回目の転職では、薬キャリが紹介してくれた案件で最終的な決断をしました。

年収の交渉もスムーズに行ってくれたおかげで、現在の職場にすごく満足しています。

薬剤師転職を決めたなら、1番に登録すべき転職サイトとなっています。  

>>>薬キャリを詳しく見てみる

薬キャリに1分で登録

 

 

 

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

【公式サイト名】『リクナビ薬剤師

【おすすめ度】  

転職業界大手企業のリクルートが運営する、薬剤師転職支援サービスです。

製薬メーカーや、病院、ドラッグストアはもちろんのこと、大手の薬局チェーン店や町の小さな薬局まで幅広い求人を取り扱っています。

非公開求人という枠の中には、リクナビ薬剤師でしか取り扱いのない好条件、高待遇の求人が数多くあります。

リクナビ薬剤師の強みとして、面談の日程調整、合否の連絡、退職の手続きの方など、面倒な連絡業務、事務手続きなどの手厚いサポートが受けられます。  

リクナビ薬剤師を利用してみて良かった点は、他社の転職エージェントから内定が出た旨をリクナビ薬剤師に伝えたら、内定をもらっていた企業に対して年収の交渉で予想を超える大幅なアップを実現してくれました。

最終的に1回目の転職はリクナビ薬剤師で決めましたが、恥ずかしながら2回目の転職の際もリクナビ薬剤師に登録し転職活動をしました

安心、信頼、認知度は転職サイトの中でもトップクラスとなっています。

薬剤師として長く働きたいと思う様な、自分にぴったりの転職先を紹介してくれる大手転職企業となっており、登録すべき転職サイトの1つとなっています。

>>>リクナビ薬剤師を詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

【転職で使うべき?】リクナビ薬剤師の口コミと評価【かんたん登録】
【転職で使うべき?】リクナビ薬剤師の口コミと評価【かんたん登録】

続きを見る

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

【公式サイト名】『マイナビ薬剤師

【おすすめ度】  

マイナビ薬剤師は、35年以上にもわたりマイナビグループで運営されている薬剤師に特化した転職サイトです。

担当者の的確な面談が好評で、企業とのミスマッチを防いでくれるので、長く勤められる求人を案内してくれます。

履歴書や職務経歴書の添削、面札対策、条件交渉などのサービスを受けられるので、転職活動に自信が無い方にはおすすめの転職サイトです。

転職後のアフターフォローも好評で、多くの薬剤師から支持を得ています。

>>>マイナビ薬剤師を詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

【薬剤師が徹底解説】マイナビ薬剤師の評判と感想【転職コンサルタント】
【薬剤師が徹底解説】マイナビ薬剤師の評判と感想【転職コンサルタント】

続きを見る

 

併用したい転職エージェント

上記の2社にプラスして、目的ごとに転職エージェントを1社追加することをおおすすめします。(私の場合は合計5社登録しました。短期で決めたい場合はおススメですが・・・正直言って疲れます。)

たくさん登録したら次回の転職に利用しづらいとの意見もありますが、全く心配ありません。

わたしは2回の転職の間隔が1年と短かったのですが、同じ薬剤師転職エージェントを利用しても全く問題ありませんでした。

転職エージェントは、エージェントごとに持っている求人が違ってくるので、数社登録するのがスムーズに転職活動を進めるためにも基本となっています。

 

Job Buddy (ジョブバディ)

Job Buddy

【公式サイト名】『Job Buddy

【おすすめ度】  

Job Buddy(ジョブバディ)は丁寧なフォローを受けながら、転職活動をしたいと考える薬剤師の方におすすめできる転職エージェントです。

企業に入社後のミスマッチが起こらないよう、直接顔を合わせたヒアリングを重視しているので、求人票だけではわからない詳細な求人情報を教えてもらうことが出来ます。

Job Buddy(ジョブバディ)は、1都3県に特化した求人情報を掲載。

地域を限定することで、求人を掲載する企業に直接訪問することができ、他社の転職エージェントと比較してもより詳しい職場の内情を提供できることが最大の強み。

入社面接の対策、面接同行、勤務条件や年収の交渉も行ってくれるので、他の求職者よりも有利な条件で転職活動することが出来ます

転職後は6ヶ月間のサポートを受けられるので、困りごとがあれば気軽に相談することが可能。

転職活動開始から入社後まで、トータルできめ細やかなサポートを受けられます。

Job Buddy』は、転職が初めてという方にも自信を持っておすすめできる薬剤師転職エージェントです。

 

>>>Job Buddyを詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

ファーマキャリア

【公式サイト名】ファーマキャリア

【おすすめ度】  

ファーマキャリアは年収を上げたいと考えている方にはぜひ利用したい転職エージェントです。

求人数は少なめという欠点がありますが、公開・非公開求人、まだ求人票になっていない求人をカスタマイズしたオーダーメードであなたの正確な希望を聞いてくれるのでミスマッチのない求人を紹介してくれます。

コンサルタントの質が高いことで有名で、他の転職エージェントよりも丁寧な対応。

履歴書の添削、面接・見学の日程調整はもちろんのこと、面接対策も行ってくれるのはいいですよね。

 

ポイント

面接では薬局や病院ごとに重視するポイントが異なります。

 

交渉力にも長けており、企業側との大幅な年収アップも可能です。

>>>ファーマキャリアを詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

アプロ・ドットコム

【公式サイト名】『アプロ・ドットコム

【おすすめ度】  

アプロ・ドットコムは業界トップクラスの求人数を扱っています。

たくさんの求人を取り扱っているので、あなたにぴったりの求人が見つかりやすくなっています。

初回面談後はメールや電話のみで連絡を取り合うので、都合の良い転職活動が出来ることから他社エージェントと併用しやすいことも特徴的。

面接に自信のない方でも担当者が同行してくれるので有利な転職活動を行えます。

転職活動が初めての方は是非利用したいサービスですね。

>>>アプロ・ドットコムを詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

ファルマスタッフ

【公式サイト名】『ファルマスタッフ

【おすすめ度】  

ファルマスタッフは、日本調剤が運営をしている薬剤師に特化したの転職エージェント。

最大の特徴は、求職者との面談やサポートに力を入れているという点です。

担当者は求職者の相談内容から転職する必要性を見極めて、決して無理な転職を勧めることはありません

 

まずは、相談からというスタンスがあります。

 

求職者と企業のミスマッチを防ぐためにも、コンサルタントが就業先に直接訪問し職場の状況を具体的にヒアリングしています。

求人情報の内容が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、 残業などの忙しさ、デメリットな情報であっても現場の生の声を しっかりと求人に反映しています。

実際にファルマスタッフを利用した薬剤師の評判も業界トップクラスの評価を得ています。

ファルマスタッフは圧倒的な高評価を受けている転職サイトなので、薬剤師転職の幅を広げたいと考えている方にはぴったりの転職エージェントとなっています。

>>>ファルマスタッフを詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

【働き方を変えたい】ファルマスタッフの評判と口コミ・求人【利用した感想】

続きを見る

お仕事ラボ

【公式サイト】>>>『お仕事ラボ

【おすすめ度】

大手薬局チェーンのアイセイ薬局グループが運営する「お仕事ラボ」は、薬剤師転職に特化した転職サイトです。

お仕事ラボの大きな特徴として、転職サポートに登録するだけで1万円、面接に行くだけで一律3万円、入社が決まると最大10万円もらえるキャンペーンがあるのは驚きですよね。

「お仕事ラボ」の親会社がアイセイ薬局なので、求人は調剤薬局の比率が多くなっています。

お仕事ラボは「逆指名」という強みがあります。

お仕事ラボが取り扱っていない求人でも担当者に相談することで求人を開拓してくれます。

 

気になっている求人の取り扱いがなくても面接が受けられるのはすごい!

 

調剤薬局も視野に転職活動しているなら、登録すべき転職エージェントの1つとなっています。

>>>お仕事ラボを詳しく見てみる

お仕事ラボに1分で登録

 

【逆指名制度】お仕事ラボの評判や口コミは?

続きを見る

 

MCファーマネット

 

【公式サイト名】『MC─薬剤師のお仕事

【おすすめ度】  

株式会社メディカルコンシェルジュが運営するMCファーマネットは、薬剤師に対応した求人紹介サービスです。

MCファーマネットを利用して良かった点は、色々な求人の取り扱いがあるので転職先の幅を広げられたという点。

漠然と企業の薬剤師として働くことを希望していましたが、仕事内容にも品質管理、MR、治験など、色々な薬剤師としての仕事があると気づかされたのがMCファーマネットです。

もちろん、ドラッグストア、調剤薬局、病院などの求人もしっかりと案内してくれます。

MCファーマネットでは面談を行いうことに対して少し面倒だなと思いましたが、話をしていくうちに自分の考えが整理されしっかりと目的をもった転職活動を行うことが出来たので、面談をしてよかったと今では思います。

初めての転職だったのですが、書類の書き方や面接のやり方などを具体的に教えてもったので自信を持った行動ができました。

面接同行もしてくれるので、転職活動に不安がありレア求人を探しているなら登録すべき転職エージェントです。

>>>MC─薬剤師のお仕事を詳しく見てみる  

1分で簡単登録!

 

 

 

ジョブデポ薬剤師

  ジョブデポ薬剤師

【公式サイト名】『ジョブデポ薬剤師

【おすすめ度】  

2015年に設立されたジョブデポ薬剤師は、歯科衛生士、理学療法士、介護士などの転職サービスを行っている会社が運営する転職サイトです。

公開求人の数は3.6万件以上で、非公開求人の数を合わせると8万件以上の取り扱いがあります。

大きな特徴は最新の求人が更新される速さと、ジョブデポ薬剤師経由で入職すれば最大40万円もらえる点です。(正社員求人ならほとんどが40万円と設定されています)

すでに転職先を決めている人は、ジョブデポ薬剤師にその旨伝え、入職すると40万円もらえるという方法です。

担当者とは対面で話を進めるという形式ではなく電話のみで話を進める形式になりるので、サポートを重視したい方は不向きな転職エージェントとなります。

もしものために登録すべき転職サイトとなります。  

>>>ジョブデポ薬剤師を詳しく見る  

1分で簡単登録!

 

ジョブデポ薬剤師で転職活動をしてみた感想と評判
ジョブデポ薬剤師で転職活動をしてみた感想と評判

続きを見る

 

薬剤師求人ドットコム

薬剤師求人ドットコム

【公式サイト名】『薬剤師求人ドットコム

【おすすめ度】  

薬剤師求人ドットコムのを利用する前に知っていただきたいことは、薬剤師求人ドットコムは「薬剤師の転職会社を紹介する薬剤師転職サイト」という位置づけにあるということです。

そのような薬剤師求人ドットコムを利用するメリットは、1回の登録だけで20社以上の転職会社がもつ求人10万件を一気に検索・応募できる点にあります。

応募したい求人が無くても、複数の転職エージェントを紹介してくれます。

気に入らない場合は薬剤師求人ドットコムの担当者が転職エージェントの紹介や変更などを行ってくれるので、気を使わない点は良いサービスですよね。

一回の登録で色々な転職会社の求人に応募できるので、転職を効率に勧めたい方には登録すべき転職サイトとなっています。  

>>>薬剤師求人ドットコムを詳しく見てみる

1分で簡単登録!

 

 

 

薬剤師転職会社の効率的な使い方を紹介

この記事で紹介した薬剤師転職会社の効率的な使い方を紹介します。

 

step
1
すでに転職したいと思っている会社がある場合

すでに転職したい会社が具体的にある人は、自分で『ジョブデポ薬剤師』サイトから求人を探し入社すると40万円もらえます。

入社お祝い金として40万円くれる転職会社は他にないので、会社が決まっているならおすすめの方法です。  

 

step
2
転職エージェントに登録

薬キャリ』、『リクナビ薬剤師』、 『マイナビ薬剤師 の中から1~2社登録することをおすすめします。

大手薬剤師転職エージェントなので安心して利用できますね。

 

step
3
選択肢の幅を広げる

大手転職エージェントと+αで目的に合った転職サイトに登録しておくだけで、他の人よりも有利な転職活動が出来ます。

おすすめの転職サイトは以下の通りです。

 

step
3
利用する転職会社が絞られてくる

転職会社に登録すると、担当者からすぐにメールや電話が来ます。

 

何社も対応すると疲れますが、最初が大事なのでしっかり自分の考えを伝えましょう。  

 

転職会社をたくさん利用すると、次回の転職に影響しないか心配する人がいます。

わたしは薬キャリ、リクナビ薬剤師、マイナビ薬剤師をそれぞれ2回利用しました。

前回の利用から1年しかたっていなかったので、何か言われるのかなと思ったら何も言われませんでした。

 

紹介される求人を精査しエージェントと何回もやり取りすると、件数が減ってくるので自然と利用する転職サイトが絞られてきます。  

 

わたしの場合は5社登録し、最終的に利用する転職エージェントは2社まで絞られました。

 

まとめ

転職エージェントを利用するなら複数の登録が基本ですから、使おうかな・・・と少しでも迷っているようなら、費用は一切かからないののでまずは登録してみるのはいかがでしょうか?

5社登録だと対応が大変なので、まずは3社登録がおすすめの方法です。

自分が抱えている不満や、やりたい仕事を相談することで新たな発見があるかもしれません。

 

転職エージェントを2回利用した経験からお話しすると、転職を成功させるには転職会社の規模ではなく担当者の力量だと思っています

 

 

私たち求職側も転職エージェントにはしっかりと対応する必要があります

求められた提出物や時間など、社会人として当たり前のことを守りましょう。

友人の場合の例を挙げると、その友人は転職すれば会社にお金が入るので、転職する側が偉いと勘違いし、担当者に大柄な態度を取りました。

結果的に、その友人は1件も紹介してもらえませんでした。

エージェント側も、企業との関係を続けるためにも、いい人材を紹介したいはずです。  

 

P.S.
だらだらと長い説明になってしまいましたが、この記事があなたの転職活動の参考に少しでもなってくれたらうれしいと思っています。

きっと、仕事に関する何かしらの不満や悩みがあってこのサイトに訪れて頂いたと思います。

ぜひこのサイトを参考にしていただき、自分が納得のいく転職活動を行ってください。  

あなたの悔いのない最高の転職ができることを、陰ながら祈っております。  

 

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2020 ファーマリーチ