薬剤師の転職

薬剤師が病院に転職するには?【気になる年収】

病院に転職するにはどうしたらいいの?
年収は?仕事内容はどんな感じ?

 

こんなお悩みを解決します。

 

この記事を書いている私は・・・・

新卒で薬剤師としてドラッグストア(調剤にも異動)に勤務→接客業が苦手なことに気が付き、挫折して旅に出る→医薬品原料メーカーで営業職→現在は製薬メーカーと2回転職活動をしました。2回の転職で薬剤師の職種にとらわれず30社以上受けた経験と、転職に成功したノウハウを書いています。

 

薬剤師として働いていると、病院に転職してスキルアップしたいと思うことがありませんか?

病院に就職すれば薬局などでは学べない専門知識や経験を得られるからです。

この記事では、調剤やドラッグストアで働いている薬剤師が、病院に転職する方法を紹介しています。

最後まで読めば、病院薬剤師の転職方法でだけではなく、仕事内容や病院薬剤師のメリット・デメリットも理解できるようになっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

薬剤師が病院に転職するには

病院で働くことは、高い専門知識が学べるため希望する薬剤師が多いのが事実です。

一方で、病院薬剤師の採用には、ほとんどが新卒採用となっています。中途採用を行っている病院は、突然の退職者がいたためすぐに薬剤師を補充しなければならない状況での求人となっています。

なので、病院薬剤師は人気があるため好条件の病院求人があってもすぐ埋まってしまうことが結構あります。その為には、毎日求人サイトを見なければいけないのですが、それも大変だと思います。

なので、薬剤師が中途で病院に転職するにはハローワークやネット求人を随時チェックしてください。

いいなと思った求人が出たらすぐに面接を申し込みましょう!自力で病院薬剤師になるにはその方法しかないと思います。

転職エージェントを使いたくないという人もいるので、ここからは興味がある方だけ読んでいただきたいのですが、私は転職をした際に、転職エージェントを利用しました。そのおかげで求人数の少ない製薬メーカーに就職できました。

転職エージェントなら採用側との懸け橋になってくれるので、給料の交渉などは転職エージェントにお任せしました。給料の交渉は話しづらかったので、大変ありがたかったです。

希望する最新の求人を紹介してくれますし、なにより自分一人ではなかなか出来ない転職の対策を無料で行ってくれました。

具体的にやってもらって事といえば、面接や職務経歴書の添削をしてもらいました。

転職エージェントを利用しなければ、今のやりたい仕事には就けなかったので結構おススメかと思います。

病院のタイプには2種類ある

病院のタイプに2種類あることはご存じでしょうか?

慢性期病院と、急性期病院です。

病院に転職するなら、どちらのタイプの病院にするか事前に決めておきましょう。

慢性病院

慢性期病院は、ある程度まで病状は安定しているけど家に帰れる状態ではない長期入院をするための患者さんをと対象としている病院です。

患者さんが安定しているため、仕事内容も落ち着いており、ゆったりと仕事ができる反面、決まった処方しか出ないので、より深い医療の知識を得たいと考えている薬剤師にとっては物足りないと感じるかもしれません。

ただ、同じ患者さんと接している時間が長いので、寄り添いながらケアしていけます。

急性病院

急性期病院は、外来で入院する患者さんが多い病院です。緊急性の高い業務が舞い込んでくることがあります。

その分、扱っている薬の種類が豊富で、より高い知識を学べるので、もっと成長したいと考えている薬剤師にとってはぴったりの仕事だと思います。

医師や、看護師とコミュニケーションを頻繁に取るので医療の知識や経験を手に入れることが出来ます。

病院薬剤師のメリット・デメリット

病院薬剤師には、調剤やドラッグストアにはないメリット・デメリットがあります。

事前に理解した上で、病院への転職を決めましょう

病院薬剤師のメリット

専門性

調剤薬局やドラッグストアとは違い、病院薬剤師ならすべての医薬品を取り扱わなければいけません。抗がん剤のミキシングの仕事が経験できたりと、高い専門性の知識を学ぶことが出来ます

臨床経験

病院薬剤師は自分が担当する患者さんを持てる場合もあります。患者さんへの投薬治療は、ほかの職種では学べない経験となり、薬剤師として大きく成長できます。

チーム医療を学べる

チーム医療とは、患者さんの状態に合わせて、多種多様な専門職が、いろいろな場面で関わっていく医療の取り組みの事です。

そこでの薬剤師の役割を一例として挙げると、薬剤から見た栄養サポートを実施したり、抗菌薬の使用状況や血液検査データを集めて患者さんごとのラウンド資料を作成したりします。

このように、より高度な専門知識を学ぶことが出来ます。

病院薬剤師のデメリット

給料が安い

病院薬剤師の給料はほかの職種に比べて低めになっています。

年収だとこのような感じになっています。

・新人の場合で、350万くらい。
・5年から10年いる中堅薬剤師でも400~450万くらい

ドラッグストアの薬剤師の初任給が500万円くらいなので、お金よりもやりがいを重視する薬剤師が求められます。

夜勤がある

病院によっては、休憩時間が取れないほど忙しかったり、土日も夜勤あったりとさまざまです。ハードな病院では1週間に2、3回の当直があり、ほとんど家には帰れない病院もあります。

夜勤が全くない病院もありますのでよく確認しましょう。

病院内の地位が低い

病院薬剤師は、薬剤師がチーム医療に参加するようになってからあまり日が経ってないので、薬剤師の立場は弱いです。

医者だけではなく、看護師とも連携を取らないといけないので、時にはやりづらさを感じる場面もあるかと思います。

薬だけでは無く高いコミュニケーション能力が求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

病院薬剤師には調剤薬局やドラッグストアでは経験できない業務や、高い専門知識を学ぶことが出来ます。

その分、給料面や夜勤などデメリットもありますが、薬剤師としてのステップアップや、やりがいがあります。

転職の際は、転職エージェントを使うのもアリです。エージェントを使わないと病院薬剤師になれないわけではないのですが、使うと時間の短縮になります。

転職は今後の人生を決めてしまう重大なことなので、その際にはこの記事が参考になればうれしいです。

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2020 ファーマリーチ