薬剤師国家試験予備校メディセレの評判は?費用はいくらかかる?

薬剤師の勉強

薬剤師国家試験予備校メディセレの評判は?費用はいくらかかる?

  • メディセレ費用はいくらかかるの?
  • メディセレの評判は?

 

そんな疑問を解決できる記事となっています。

 

この記事を書いた人

運営者情報

 

メディセレの評判と費用って気になりませんか?

薬剤師予備校が沢山ある中で、後悔しない選択を行わなければいけません。

この記事を読めば、メディセレについて理解できますので、最後まで読んでみてください。

 

この記事で解説する内容

・メディセレの費用がわかる

・メディセレの評判がわかる

 

 

\今ならREC e-ラーニングのフル視聴プランが11万円引き!/

定価385,000円が275,000円!

当ブログの招待コードを入力して、e-ラーニングコース<フル視聴プラン>を新規でお申し込みの方限定です。

e-ラーニング申込フォームの「各種割引」から「SNS紹介割引」を選択して、SNS紹介クーポンコードを入力するだけ。

▼招待コード▼

sns-rec8934

SNS紹介クーポンコードが適用されると、お申し込み画面で、割引価格が表示されるので、そのまま他の必要事項を入力し、申し込み手続きを進めてください。

REC割引キャンペーン

薬剤師国家試験予備校のメディセレって?

 

2007年に設立され、薬剤師予備校業界では第2位となっているメディセレ

メディセレの講師陣は、心理カウンセラー認定を取得。

メディセレに通う生徒に対し、メンタル面や就職面のサポートを行っており、個人的なカウンセリングも力を入れています。

薬剤師は患者さんとのコミュニケーション能力はとても重要で、服薬指導の際に患者さんから話を聴きだす能力は、質の高い医療を提供するためにとても重要。

そのため、希望者にはカウンセリング技術の指導も行っているようです。

メディセレは都市部に多くの教室を展開しており、遠方から通う生徒の為に環境のよい下宿先を紹介。

家具や食事付き、女子専用などひとりひとりの要望に答え、薬剤師国家試験の合格に向けて勉強するための環境が整っています。

 

年1回の「学内就職セミナー」も実施していますよ。

 

2012年にメディセレ薬局という調剤薬局事業を展開。

メディセレの講師陣は臨床現場を知るため、メディセレ薬局などで経験を積み、実務分野に関連した問題に対応できる体制を整えています。

 

薬剤師国家試験予備校メディセレの評判は?

メディセレの模試

メディセレは模擬試験を実施しています。

薬剤師国家試験よりも難易度が高く、国試の問題を多く的中しているため、本番を想定した練習ができます

 

 

 

 

メディセレの合格率

メディセレの合格率は、6年制既卒 43.07%に対し通年コース76.90%(出席率90%以上)。

ハイブリッドコース2018年9月卒の合格率は、100%(出席率90%以上)となっています。

 

既卒者合格率
メディセレの6年制既卒者約77%(通年コースで出席率90%以上) 100%(ハイブリットコースで出席率90%以上)
全体の6年制既卒者約43%

 

 

 

ツイッターでメディセレの評判を見てみると、メディセレに通って合格したという意見が多数ありました。  




薬剤師国家試験予備校メディセレの授業料は?

メディセレの学習コースが大きく分けて3コースあります。

以下にまとめてみました。

ライブコース

教室に通いながら、ほかの生徒と一緒に授業を受けます。定期的な実力テストや模擬試験を行い、講師と相談しながら勉強計画を立てます。

  • 生講義なので集中して受講できる
  • 仲間と一緒に受講することで、モチベーションが保てる
  • 講師と相談しながら学習計画を立てられる

メディラーニング

教室に通うことなく、動画で講義を受けます。全動画がパソコンやスマホで視聴可能で、自宅や移動中にも学習できます。

  • 場所を選ばす、いつでも勉強できる
  • 倍速、10秒スキップが出来る
  • 視聴制限がない

ハイブリッドコース

生講義と動画講義を組み合わせたコース。動画配信では好きな時に何度でも復習できます。

  • 人気講師の動画が受講できる
  • 動画受講で復習可能
  • ライブコース同様に手厚いフォローを受けられる

▼クリックで大きな画像が見れます▼

メディセレ費用①

メディセレ費用①

▼クリックで大きな画像が見れます▼

メディセレ費用②

メディセレ費用②

   出典:メディセレのHP

 

ディセレの受講コースは、細かく料金が設定されていますね。

 

 

薬剤師国家試験予備校メディセレのメリット・デメリット

メディセレを選んだ際のメリット・デメリットを紹介します。

予備校選びの参考にしてみてください。  

メディセレのメリット

料金が安め

メディセレの料金設定は、コースにもよりますが薬ゼミなどと比べて比較的安めの料金設定になっています。

早割りを利用した場合ですが、ベーシックの1年コースを選んでも100万円を超えません。

他の大手予備校だと余裕で100万円を超えてしまうので、少しでも使用を抑えたいと考えているならおススメの予備校となっています。

さらに、ハイブリッドコース通学(動画講義 + 生講義)を選べば、1年コースを選択しても早割適用で70万円を切る金額となっています。  

 

豊富な受講コース

上でも説明した通り、生講義のコースだけでなく、ハイブリットコースの動画講義 + 生講義や、メディラーニングの動画のみのコースなど、自分の生活スタイルや予算によって自由に選べるのが利点です。

日曜日だけ通うコースもあったりと、働きながら薬剤師国家試験を目指す社会人にとっては、ほかにはない利点となっています。  

 

メディセレのデメリット

教室が少ない

薬ゼミなどの予備校と比べると、メディセレが用意している教室は現在4か所しかありません。

生講義を受けたいと考えている人にとっては、近くに教室が無い場合、引っ越しなどをして対応するしかありません。

2020年現在、メディセレで用意されている教室は、大阪校(大阪府大阪市北区)、東京校(東京都新宿区)、名古屋校(愛知県名古屋市中村区)、広島校(広島県広島市東区)の4か所となっています

 

動画のみコースを選んだ場合のモチベーション維持が大変

メディセレにはメディラーニングというコースの中で動画のみ受講できるコースがあります。

料金も早割を使えば50万円ほどとなり、ほかのコースに比べて安めになっています。

しかし、わからないところがあった場合は、質問できなかったり、家での学習となるのでモチベーション維持が大変です。

 

まとめ:薬剤師国家試験予備校メディセレは料金が安め

いかがでしたでしょうか?

メディセレは受講コースの種類が豊富で、平日は通えない社会人も受講できるコースがあったりと種類が豊富です。

料金設定はほかの予備校とくらべて、比較的安めの設定。

しかし、メディセレの合格率に関しては、ハイブリットコースで出席率90%以上の場合で100%と驚異的な数字をたたき出しています。

予備校選びは説明会や見学に行くなど、悔いのない選択をしてくださいね。

 

おすすめ本

発売4カ月で20万部を突破!

メンタリストDaiGoさんの「超効率勉強法」は、科学的根拠のある勉強方法や、限られた時間の中でもっと効率的に勉強をしたい方におすすめできる本です。

「超効率勉強法」は、3時間程度で読むことができます。

アンダーラインを引いたり、語呂合わせで覚えるなど根拠のない勉強方法に惑わされることなく、最短で最大の成果を得られる勉強テクニックを40以上の学術論文に基づいてに紹介。

入学試験や資格試験に役立つノウハウが詰め込まれており、すぐに実践できる内容になっています。

 

P.S.

最後になりましたが、薬剤師国家試験は勉強すれば受かる試験です。

もしかしたら試験に失敗してしまい、このサイトを訪れた方もいるかと思います。  

 

しかし、それは恥ずかしいことではありません!  

 

薬剤師として働き始めると、1回で受からなかった人は結構いることに気づかされます。

1回で受かったから仕事が出来るとか、すごいとか全然関係ありませんよ!

今は最も苦しい時期かもしれませんが、2,3年も働けばそんなことすぐに忘れます!

あなたには明るく楽しい未来が待っています。 いまは勉強を頑張ってステキな薬剤師になってくださいね! 

 

関連コンテンツ

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の勉強
-

© 2022 ファーマリーチ