【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング【現役薬剤師が徹底比較】

薬剤師の転職

【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング【現役薬剤師が徹底比較】

転職したい!と思ったら、まず初めに見てしまうのが転職サイトですね。

求人情報をいろいろ見ているうちに、どの転職サイトに登録すればよいか迷ってしまいませんか?

この記事では、そのような悩みを解説します。

 

✅この記事を書いた人

まさつーさんの自己紹介

 

当ブログでは、過去の転職経験から

実際に転職サイトを利用した薬剤師目線で

あなたに合った薬剤師転職サイトを紹介しています。

また『薬剤師の仕事の悩みや働き方』メインで

人生が少しでも良い方向に向かうための情報発信もしています

 

薬剤師転職サイトってたくさんありすぎて、どこに登録すればいいか悩んでいる薬剤師の方も多いかと思います。

この記事は実際に転職サイトを利用した経験から、安心して利用できる薬剤師転職サイトを徹底比較して、ランキング形式でまとめました。

記事の後半では、転職サイトの選び方のポイントについても解説しているので、今後の転職活動の参考になればうれしいです。

 

【おすすめ】登録しておけば絶対外さない薬剤師転職サイト3選を比較

すぐに転職サイトを紹介したいところですが、まずは薬剤師転職サイトの合う合わないの差がとても激しいことを理解しておきましょう。

薬剤師転職サイトは沢山あり、各社それぞれの特色を生かしたサービスを展開しているからですね。

正直なことをいうと転職成功の近道は、複数社の転職サイトに登録して担当者との相性やサービスの質をご自身で確認するのが一番早いです。

これから説明する薬剤師転職サイトはかなりの量になるので、まずは満足度の高い薬剤師転職サイトを紹介します。

どれも大手の薬剤師転職サイトなので、相性の良いコンサルタントに出会う確率はグッと高まりますよ。

 

転職サイト名総合評価特徴
 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

 

  • 面談による的確なアドバイス
  • 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる
  • 転職後のアフターフォローが充実
 


薬キャリ

 

  • 対応の速さが業界一
  • 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい
  • 薬剤師の利用者数No.1
 


リクナビ薬剤師

 

  • 薬剤師の求人件数は約35,000件
  • 新着求人は毎日30件以上
  • 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み

 

 

薬剤師転職サイトおすすめランキング

このブログでは『転職すること』をゴールとしておらず、『新しい職場では長く働けそう』と感じられる転職を目指して記事を書いています。

つまり、『転職成功=腰を落ち着けて長く働ける』です。

そのためには事前準備をしっかり行うことが大切。

ただ単に求人を紹介してくるだけでなく、転職に関する悩みの相談や日程調整、待遇面などの交渉をしっかり行ってくれる転職サイトに登録しましょう。

 

アメリカでは転職エージェントを利用すると有料なってしまいますが、すべてを無料で利用できる日本はすごいですよね!

 

まずは薬剤師のユーザー目線で比較した、総合的に満足度の高い順からおすすめのランキングとして紹介します。

 

薬キャリ

薬キャリ

おすすめ度:

公式サイト:https://pcareer.m3.com/

 

薬キャリ』は、トップクラスの求人を掲載している、薬剤師の登録者数No1の転職サイトです。

薬キャリ』は提携している薬剤師人材紹介会社の求人を一括で検索できるので、いろいろな求人を見てから転職活動を始めたいと考える方におすすめ。

全ての雇用形態・業種を網羅しているので、転職をすること自体悩んでいる方も手軽に情報収集できます。

運営会社は医療業界に強いパイプがある『m.3』という会社なので、病院や製薬会社の求人に強みがあります。

ママ薬剤師向けの求人も検索できるので、ブランクを感じていたり、時短で働きたいなど、女性独自の視点で優先的に求人を紹介してくれるのは『薬キャリ』だけとなっています。

 

 

 

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

おすすめ度:

公式サイト:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

 

リクナビ薬剤師』は、人材紹介会社大手のリクルートグループが運営する、薬剤師に特化した転職サイトです。

一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーが付くので、面接日の調整や年収の交渉といった手間のかかる手続きは、すべてキャリアアドバイザーにおまかせ。

 

リクナビ薬剤師は履歴書や面接対策もしっかり行ってくれます。

 

初めて転職する方やブランクを抱える方も、丁寧なサポートを受けながら転職活動することが可能。

総求人数の75%が非公開求人となっているので、他の人よりも有利に転職活動をしたいと考えているなら、登録すべき転職サイトとなっています。

 

 

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめ度:

公式サイト:https://pharma.mynavi.jp/

 

マイナビ薬剤師』は、大手人材紹介会社マイナビが運営する薬剤師転職サイトです。

いままで多くの薬剤師が『マイナビ薬剤師』を転職活動で利用しており、利用者満足度は5年連続No.1。

直接顔を合わせた面談でのヒアリングを重視しており、面接同行などの丁寧な転職サポートを受けながら転職活動が行えます。

また、転職サイトでは求人情報を毎日更新しており、鮮度の高い求人情報を素早く届けることで、スピード感ある転職活動が可能。

能力のあるキャリアコンサルタントが多数在籍しているので、安心して利用することができます。

 

 

 

JobBuddy薬剤師

JobBuddy薬剤師

おすすめ度:

公式サイト:https://pharmacist.job-buddy.net/

 

Job Buddy薬剤師』は、キャリアアドバイザーの相性を一番に考えた、丁寧な転職活動をしたいと考える薬剤師の方におすすめできる転職サイトです。

Job Buddy薬剤師』のキャリアアドバイザーは、薬局、ドラッグストアや企業などの求人を掲載するにあたり、必ず企業に訪問して話を聞いています。

 

1都3県に限定した求人しか扱わないからこそできるサービスですね。

 

直接顔を合わせた面談を重視している(Webでも可能)ことから、徹底的に話を深堀することで、入社後のミスマッチが少ないです。

ヒアリングから、面談、入職までワンストップで行っているので、スピード感ある転職が可能。

面接対策や年収交渉はもちろんのこと、可能な限り面接に同席してくれるので、サポートを重視した転職の利用を考えている方にはおすすめの転職サイトです。

 

 

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめ度:

公式サイト:https://www.38-8931.com/

 

ファルマスタッフ』は薬剤師の求人に特化した転職サイトで、日本調剤グループが運営をしています。

業界トップクラスの拠点数なので、それぞれの地域に詳しい専門スタッフが、薬剤師一人ひとりのニーズに細やかにサポートをしてくれます。

日本調剤グループが運営しているので、現場のノウハウを取り入れた転職者向けのeラーニングサービスを提供。

 

認定薬剤師の研修単位に対応しているので、取得を考えている薬剤師の方にもお勧めできる転職サイトです。

 

現場の実践的な知識から薬機法、保険制度にいたる広範囲のテーマで構成されています。

eラーニングなので、手持ちのスマホを使えばいつでもどこでも手軽に学習できることが特徴。

ファルマスタッフは、まずは対面での面談を重視し、より深く掘り下げた話を聞く姿勢を大切にしているので、入社後のミスマッチが少ないことで有名です。

薬剤師に選ばれる転職サイトNo.1(日本マーケティングサーチ機構調べ)なので、転職すること自体を迷ってる方も気軽に利用できる転職サイトとなっています。

 

日本調剤グループが運営してますが、無理やり日本調剤に転職することすすめてくることはないので安心して利用できますよ。

 

 

ファーマキャリア

ファーマキャリア

おすすめ度:

公式サイト:https://pharmacareer.jp/

 

ファーマキャリア』の大きな特徴として「オーダーメイド求人」というサービスがあります。

「オーダーメイド求人」は、あなたの希望する条件に合わせて企業交渉してくれるので、転職サイトが抱えている求人からピックアップして紹介するような普通のサービスとは少し異なってきます。

つまり、『この会社に転職したい!だけど条件が合わないからあきらめる・・・。』といった、あなたが理想とする条件に近づけるために、コンサルタントが応募先に直接交渉してくれます。

交渉次第ではすべての条件を叶えることはできないかもしれませんが、理想の条件であなたが働きたいと思う企業に転職することができます。

転職条件にこだわりや妥協できない点がある方は、ぜひ登録したい薬剤師転職サイトです。

 

 

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめ度:

公式サイト:https://www.oshigoto-lab.com/

 

お仕事ラボ』は、大手薬局チェーンであるアイセイ薬局が運営している薬剤師転職サイトです。

専門のコンサルタントが希望条件や、人生のキャリアプランをじっくりヒアリングしてくれるので、あなたに合った求人を紹介してくれます。

 

なんと!お仕事紹介後の定着率は95%以上!

 

日程のセッティングや面接同行など入社後までをしっかりフォローしてくれるので、コンサルタントのアドバイスを受けながら転職活動を行えます。

働きだした後も相談できるので、長く安心して仕事ができます。

また、万が一希望する求人が無くても、担当者に相談することで企業にあなたを売り込んでくれる『逆指名制度』があります。

コンサルタントの力強うバックアップを受けながら転職活動を行えるので、転職が初めての方も安心して利用が可能。

お仕事ラボでは、現在仕事を探している方向けに現金のプレゼントキャンペーンを実施しています。

 

  • 新規の会員登録で5千円
  • 転職先の決定で最大5万円
  • お友達の紹介で最大5万円

 

 

 

アプロドットコム

アプロドットコム

おすすめ度:

公式サイト:https://www.apuro.com/

 

アプロドットコム』は業界トップクラスの求人数を保有しているので、あなたに合った希望の転職先が見つかる転職サイトです。薬剤師求人数4年連続No.1(バルク社調べ)

大手人材会社のようなグループ会社や、調剤薬局の傘下に入っていない『独立系転職サイト』なので、偏った求人紹介をしてくるリスクが低い薬剤師転職サイトとなっています。

一人ひとりに担当者が付くことで、ミスマッチの少ない求人の紹介と、あなたに合った面接の準備、条件交渉、入社後のフォローまで、丁寧なサービスを受けることができます。

希望者には面接同行もしてくれるので、転職が初めてで不安のある方には強くお勧めできます。

単発派遣や紹介予定派遣など求人も沢山扱っているので、派遣薬剤師として働きたいと考えている方にもおすすめできる薬剤師転職サイトです。

 

 

 

薬剤師ベストキャリア

薬剤師ベストキャリア

おすすめ度:

公式サイト:https://yakuzaishibestcareer.com/

 

株式会社日本メディカルキャリアが運営する『薬剤師ベストキャリア』は薬剤師専門の転職サイトです。

札幌・東京・大阪・福岡の4つの拠点で、転職活動する薬剤師に向けた人材紹介事業を展開しています。

面接形式でのヒアリングが基本となりますが、近くに営業所が無い場合は喫茶店等で面談が可能。

薬剤師ベストキャリアは、医療・介護専門の転職サポートに20年以上携わる会社だからこそもつ、医療機関や求人の情報量が圧倒的に豊富です。

面接に同行・同席してくれるサポートもあるので、初めて転職活動をする薬剤師の方にもお勧めできる転職エージェントとなっています。

 

 

くわしくは薬剤師ベストキャリアの公式サイトへ

 

MCファーマネット

MCファーマネット

おすすめ度:

公式サイト:MC─薬剤師のお仕事

 

株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する『MC─薬剤師のお仕事は、薬剤師専門の転職サイトです。

株式会社メディカル・コンシェルジュは介護施設の運営、医療・介護ヘルスケア全般に関わる人材紹介を行っているので、医療関係の求人に強く、リアルな現場の情報を提供できる大きな特徴があります。

 

取り扱い求人の特色として、MRやCRC、CRAなどの治験関連の求人を多数かかえています。

 

一般的な調剤薬局やドラッグストアの求人も扱っているので、 他の転職サイトが扱わないレアな求人と比較しながら希望に合った転職先を見つけることが可能。

全国に18の拠点があるほか、出張登録会や相談会を各地で定期的に行っていますので、地方在住の求職者も利用しやすくなっています。

特集求人として、短期間求人や、住居完備のリゾート求人、企業薬剤師の求人など特色ある案件を抱えているので、仕事の選択肢を広げたいという方にもおススメできる転職サイトです。

 

 

くわしくはMC─薬剤師のお仕事の公式サイトへ

ジョブデポ薬剤師

ジョブデポ薬剤師

おすすめ度:

公式サイト:『ジョブデポ薬剤師

 

with Career株式会社によって運営されている『ジョブデポ薬剤師』は、日本トップクラスの8万件以上の求人を抱える転職サイトです。

ジョブデポ薬剤師は、正社員かパートのみの雇用形態から検索できませんが、非公開求人を含めた8万件を超える求人の中から、理想の転職先を見つけることができます。

 

ジョブデポ薬剤師を利用する最大のメリットとしてあげられるのが、最大40万円(キャンページは60万円)のお祝い金サービスです。

 

他の転職サイトで見つけた求人であっても、ジョブデポ薬剤師を通して転職すれば介して入職すればお祝い金がもらえます。

他社の転職サイトと比較すると、ジョブデポ薬剤師はサポートが物足りないと感じる場面も多々あるので、併用して利用したい薬剤師転職サイトとなっています。

 

 

くわしくはジョブデポ薬剤師の公式サイトへ

 

薬剤師求人ドットコム

薬剤師求人ドットコム

おすすめ度:

公式サイト:『薬剤師求人ドットコム

 

薬剤師求人ドットコム』は株式会社フォーチュンによって2006年から運営されている、薬剤師に特化した転職サイトです。

まず薬剤師求人ドットコムを利用する前に知っておくべきことは、薬剤師求人ドットコムは「薬剤師の転職会社を紹介する薬剤師転職サイト」という位置づけにあることです。

薬剤師求人ドットコムを利用する最大のメリットとて、20社を超える転職サイトの求人を1回の登録だけで一気に検索・応募できる点があります。

応募したい求人が見つからなくても、薬剤師求人ドットコムに相談すればあなたに合った転職先を探してくれる転職エージェントを複数紹介してくれますよ。

 

紹介してもらった転職コンサルタントが気に入らない場合は、薬剤師求人ドットコムの担当者が転職エージェントの変更をしてくれます。

 

1回の登録で色々な転職サイトの求人に応募できるので、転職を効率に勧めたい方にはおすすめできる転職サイトとなっています。

 

 

くわしくは薬剤師求人ドットコムの公式サイトへ

 

転職成功率が上がる!転職サイトおすすめの使い方

ここからは私が実際に利用した、転職成功率が確実にアップするための転職サイト利用法を紹介します。

 

  1. 複数の転職サイトを使う
  2. 転職コンサルタントが合わないなら変更する
  3. 転職条件の優先順位を明確にしておく
  4. すぐにでも転職する意志がある、ということを伝える
  5. コンサルタントからの連絡はちゃんと返信する
  6. 面接後はコンサルタントから、面接のフィードバックをもらう

 

①複数の転職サイトを使う

転職サイトを利用する上で、転職活動を成功させるための最大のポイントは、質の良いコンサルタントに出会えるかにあります。

正直なことをいうと、質の良いコンサルタントに出会えるかどうかは、運の要素が強すぎるので、複数の転職サイトに登録することが近道です。

最低でも2,3社の転職サイトに登録しておけば、質の良いコンサルタントに出会える確率がぐっと高まりますよ。

 

転職活動を経験した人に登録した転職サイト・エージェントの社数を尋ねたところ、一番多かったのは、「2社」で約3割を占め、次いで「1社」「3社」が26%前後でほぼ並びました。「6社以上」と答えた転職経験者は今回のアンケートではいませんでした。転職サイト・エージェントを利用した人たちの平均利用社数を見ると、全体の利用社数の平均は2.3社という結果になりました。

引用>>>リクナビネクスト

 

リクナビネクストのアンケート結果によると、転職サイトの平均利用社数は2,3となっています。

しかし、登録しすぎも注意が必要です。

求人を紹介するにあたり、初回はヒアリングを行うのですが、だいたい1時間程度かかるのでとても疲れます。

 

過去に5社登録して転職活動をしましたが、制精神的にとても疲れました・・・。

 

②転職コンサルタントが合わないなら変更する

転職サイトに登録したものの、なかなか次の仕事が決まらないケースの代表例は、転職コンサルタントとの相性が合っていないことがあります。

質の悪い転職コンサルタントに合ってしまうと、今後の転職活動に支障をきたすからですね。

あなたが希望する業界に精通していなかったり、希望と異なる求人を紹介してきたら特に注意が必要。

転職活動で一番大切にしなければならないのは、あなたが希望する条件にマッチした会社に転職することです。

あなたの想いを無理やり捻じ曲げてまで無理な転職をすすめるコンサルタントは、自分のノルマしか気にしないコンサルタントです。

話がかみ合わなかったり、信用できないと感じたならコンサルタントを変更しましょう

自分に合った求人を紹介してくれると感じられるコンサルタントを見つけることは、転職活動において最も優先すべき事項です。

 

③転職条件の優先順位を明確にしておく

転職条件の優先順位を明確にすることは、転職活動においてとても大切なことです。

なぜなら、転職条件を明確にしておかないと、コンサルタントに正しく情報が伝わらず、いつまで経ってもあなたが希望する求人に出会うことができないからです。

 

転職条件の優先順位の

①年収500万円以上

②残業月20時間以内

③教育制度がしっかり整備されている

 

妥協できない転職条件があるなら、自分が後悔しない為にも、その条件を優先して求人を探す必要が有ります。

転職エージェントに登録する前に、次の転職先に求ある程度の優先順位や妥協できない点をまとめておくことをおすすめします。

 

④転職する意志があることをしっかり伝える

転職意志がしっかり定まっているなら、コンサルタントには正直に伝えましょう。

なぜなら、コンサルタントは転職時期を早めに希望している薬剤師の方ほど優先的に対応するからです。

 

⑤コンサルタントからの連絡はちゃんと返信する

転職コンサルタントから、業務連絡や求人の紹介があったなら、確認したうえで返信することをおすすめします。

理由は、重要な連絡事項の見落としや、求人紹介の優先度を維持するためです

面接スケジュールの確認のような重要な連絡事項は、確認したら『確認しました。ありがとうございます。」などの簡単な文章でも可。

 

「ちゃんと確認したよ」という意思が相手に伝わることで、円滑なコミュニケーションが取れます。

 

たとえ気に入らない求人が紹介されたとしても、無視することなく気に入らなかった理由を添えて返信すれば、転職する意思があると認識され、他の求人を消化してくれます。

コンサルタントから届いた一つ一つのメールを、きちんと処理していく事で、転職活動の成功率アップにつながっていきます。

 

⑥面接後はコンサルタントから、面接のフィードバックをもらう

求人先との面接を終えると、担当のコンサルタントに連絡をし、面接が修了した旨の報告するのが一般的です。

面接でうまく伝えられなかったことや、入社する意思などを聞かれるので、正直に伝えましょう。

コンサルタントは求人先にも確認の連絡を入れるので、入社意志があればその後のバックアップにもつながります。

そのうえで、求人先があなたにどのような評価をしたのかも、教えてくれることがあるので、しっかりとフィードバックをしてもらいましょう。

]今後の転職活動に活かすことができます。

 

過去にコンサルタントを通して、髪型を指摘されました。2次面接では、しっかり対策することで意欲をアピールできたので、内定をもらえたケースがあります。

 

転職サイトを使うときの注意点

転職サイトを利用して転職活動をする際の注意点をまとめました。

是非参考にしてください。

 

  1. 経歴や職歴を偽らない
  2. 最低限のマナーをわきまえる
  3. 複数社転職サイトを利用した場合、同じ求人に応募しない
  4. 転職しない選択肢を残しておく

 

①経歴や職歴を偽らない

事実として、転職サイトに登録した後、コンサルタントとのヒアリングの場面で嘘をついてしまう転職希望者は意外といます。

学歴や経歴についてウソを語った上で転職したとしても、ウソが発覚したら契約不履行で懲戒処分になります。

たとえウソがばれなくても、業務内容に必要とするスキルが足りず、居心地の悪さから、長く勤めることができなくなるかもしれません。

それ以前に、コンサルタントは転職のプロなので簡単にウソはばれます

多少話を誇張して、自己アピールすることは技術として必要ですが、事実でなことを、あたかも自分の利益のようにアピールする事は、自分の首を絞めることになるので、正直に話をしましょう。

 

②最低限のマナーをわきまえる

社会人として立ち振る舞いなど、最低限のマナーに気を遣うことはとても大切です。

マナーに気を遣うことで、印象がぐっと良くなり、コンサルタントも自信を持って企業にアピールできる人材として見てくれます。

言葉遣いや、約束事、みなしなみなど、社会人としてふさわしい行動をすることで信頼度が上がり、積極的なサポートを受けられる可能性が高くなりますよ。

 

③複数社転職サイトを利用した場合、同じ求人に応募しない

複数社の転職サイトを利用した場合、一番気を付けてほしいことは、同じ求人に応募しないことです。

なぜなら、複数社の転職サイトから同じ求人に応募してしまうと、応募した企業に対して悪印象を与えるからです

 

人材紹介ビジネスは、転職が成立したら求人企業からエージェントに紹介手数料が支払われる仕組みです。そのためエージェント間では、混乱をきたさないよう同じ人材を複数のエージェントが紹介することは避けると取り決められていますが、複数のエージェントに登録している求職者がそれを知らずに二重応募をしてしまうと当然トラブルになりますし、求人企業にも迷惑がかかります。

引用>>>リクナビネクスト

 

応募した求人に「自己管理ができない人」や、「トラブルが面倒」と思われてしまうので、とても悪い印象を与えてしまいす。

 

複数の転職サイトから応募しても、内定を得るチャンスは決して増えることはありません。

 

求人に応募をする際は、自分がどこの企業に応募していて、どの段階まで選考がすすているかはしっかり把握しておきましょう。

 

④転職しない選択肢を残しておく

「転職サイトに登録したら、転職しなければいけないのだろうか?」と考えている方もいるかと思います。

結論からいうと、転職しなくてもOKで

転職しようか迷っている段階でも、転職サイトに登録して求人を紹介してもらうことも可能です。

ただし、利用には注意が必要。

初回から「転職するつもりはない」雰囲気全開で話をすると、求人を紹介してもらえないことがあります。

なぜなら、人材紹介はビジネスですから、他に転職意志の高い薬剤師がいれば、そちらが優先度が高くなってしまうのは当たり前の話ですよね。

コンサルタントに転職の相談すると、将来のキャリアプランが明確になっていくので、「転職しない」と決断する薬剤師の方も一定多数います。

よって、転職する意思が無くなったのなら、はっきりコンサルタントに伝えましょう。

 

転職サイトを使ったほうが良いおすすめの人とは?

転職活動を効率よく進めるために、次に当てはまる人は、転職サイトに登録して利用することをオススメします。

 

  • 転職活動に不慣れな人
  • 忙しい人

 

転職活動に不慣れな人

転職活動で少しでも不安に感じたり、過去に転職の失敗経験があるなら転職サイトに登録することをおすすめします。

なぜなら、転職サイトに登録することで、あなたに専門のコンサルタントが付き、転職の悩みや知識が簡単に手に入るからです。

後悔しないための転職ノウハウや、第三者目線からの意見をもらうことができるので、自分の直感だけを信じた転職活動を行うよりも、幅広い選択肢がある中で行動が出来ます。

また、薬剤師転職サイトに登録することで、プロのコンサルタントから模擬面接や履歴書添削が利用可能

最大限に自分をアピールためのサポートを、すべて無料で受けることができるので、転職活動に不安を感じている方なら、積極的な利用をおすすめします。

忙しい人

忙しい人は、転職サイトに登録して求人を探しましょう。

なぜなら、転職サイトに登録することで、転職の面倒な手続きを代行してくれるからです。

 

  • 自己分析
  • 求人のピックアップ
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 入社手続き

 

上記のような手続きを滞りなく行ってくれるので、一人で仕事探すよりもするよりも、効率的に転職活動が行えます。

 

【最後に】薬剤師転職サイトは複数社登録して厳選する

おすすめの薬剤師転職サイトをランキングで比較しました。

たくさんあって迷ってしまう方もいると思います。

そのような場合は、『【おすすめ】登録しておけば絶対外さない薬剤師転職サイト』として紹介した3社に登録しておけば、間違いありません。

そのうえで、気になる転職サイトを併用して利用すれば、転職の成功率がぐっと上がります。

この記事は、あなたが『新しい職場で長く働ける』ために、転職サイトの利用方法も交えて解説した記事を書きました。

あなたの人生が、転職でより良い方向に進めることを願っています。

 

 

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職

© 2020 ファーマリーチ