薬剤師の転職

【薬剤師の未来】薬剤師の10年後は16万人が余る?

薬剤師の10年後はどうなっているでしょうか?

薬剤師が飽和になると言われ続けて10年以上経ち、いまだに現場では人手不足を感じています。

この記事には、薬剤師の10年後はどのようになっているか、を具体的に書いています。

記事を読み終えた頃には、 薬剤師として働き続けるにはどのような準備が必要なのかも理解できるようになっていますので、是非読んでいただけたらと思います。

薬剤師の10年後は16万人が余ってしまう

薬剤師は飽和になると言われ続け10年以上が経過しました。

薬剤師として調剤やドラッグストアの現場で働いていた頃は、飽和感は全く無く常に人手不足のような常態で、毎日忙しい日々を過ごしていました。

薬剤師の10年後はどのようになっているのでしょうか?

厚生労働省の調査によると2028年には必要とされる薬剤師28万人に対して薬剤師の数が約44万人になると予想されています。下の表がその資料になります。

引用元>>>厚生労働省 薬剤師供給の将来動向に関する検討会資料

つまり、16万人以上の薬剤師が供給過多になるとのことです。

この検討会資料を見て、薬剤師が供給過多になるという情報を知ったときはとても驚きました。

それと同時に、これから薬剤師としてして働いていくことに不安になり、違う業種に転職したほうがいいかなどを悩んだこともありました。

ただ、薬剤師という職業はそう簡単に無くならないと考えているので、どのようにしたら薬剤師として働き続けられるかを真剣に考えてみました。

供給過多の時代で薬剤師として働くために

このままだと薬剤師の供給過多により、安易な転職ができない時代となります。2028年にやってくる「薬剤師供給過多」問題を薬剤師として生き残る為にはどのようにすればいいか真剣に考えてみました。

今勤めている会社ではある程度の役職が付いているので、このまま定年まで働けば逃げ切れるという人もいるかと思います。

果たしてそう言い切れるでしょうか?

会社が買収されたら?リストラされたら?降格されたら?法律が変わったら?

一発で今の立場を失う可能性があります。

そのためにも、備えておくのが大切です。結論として申し上げると、「必要とされる薬剤師」になるということです。

「必要とされる薬剤師」とは?

一昔前までの薬剤師は、医師の処方箋どおりに薬を出してれば良い時代でした。ネットの世界では「袋詰め師」なんて言葉で揶揄されたりしています。

必要とされる薬剤師とは、その時代に求められる薬剤師になるということです。

これからの時代は、「かかりつけ薬剤師」と「在宅医療」という言葉がキーワードとなります。

「かかりつけ薬剤師」として必要とされる薬剤師になる

必要とされる薬剤師になるには、かかりつけ薬剤師として能力を伸ばすということです。

ジェネリック医薬品のように数年後には、「かかりつけ薬剤師」という考えが患者さんにも浸透すると思います。

患者さんが病院から処方箋をもらい、そのまま門前の薬局に持っていくという流れから、いつもの薬剤師からくすりをもらうという流れに時代が変化していくことでしょう。

会社も株主のために利益を上げなければなりません。「地域支援体制加算」が新設されてからは点数が欲しいはずです。

そこで、かかりつけ薬剤師として営業活動が出来る薬剤師になれば、それは市場価値のある薬剤師となります。

「在宅医療」ができる薬剤師になる

地域支援体制加算の在宅実績要件の引き上げにより、通常の薬剤管理指導料の約10倍程の評価がされているのが在宅医療関連の加算項目です。

それだけ点数が高ければ、会社側も在宅医療が出来る薬剤師を求めます。

在宅医療というのは、患者さんが病院から貰った処方箋を持って来局し、そして一連の調剤業務を行うといったものとは違い、決まった一連の動作がありません。

また、門前薬局、面受け薬局のように立地という優位性もないので、在宅サービスの質が悪ければいつでも切られてしまうという自由競争の世界です。

そのような中、医師、患者さん、その家族などとコミュニケーションが取れ、信頼出来る薬剤師になるということは、市場価値のある薬剤師になるということになります。

まとめ

このままでは、薬剤師の供給過多時代は10年後には到来してしまいます。

今までのような、処方箋通りに薬を調剤するという受け身の時代は終わり、自らが積極的に動いて「必要とされる薬剤師」にならなければいけません。、市場価値の高い薬剤師は転職の際にも有利なので薬剤師として働くためには、自分自身も日々精進していきたいと思います。

この記事が、少しでも薬剤師としての働き方に参考になれば良いなと思います。

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2020 ファーマリーチ