薬剤師の転職

薬剤師がMRに転職するためには?【仕事内容と将来性】

薬剤師としてMRの仕事に興味を持ったことはありませんか?

実は、転職活動をした際は、MRという仕事に興味を持ち、転職エージェントに相談したことがありました。

本記事では、転職エージェントに相談したした際、MRの仕事内容、年収、将来性について教えてもらった内容をまとめてみました。

MRの仕事内容や転職について知りたい方は、是非記事をご覧ください。

【薬剤師免許は必須ではない】MRに転職するためには?

そもそもMRとはなに?

MRとはどのような仕事内容かしっかり理解していますか?

MRとは、Medical Representativeの略称です。日本語では「医薬情報担当者」と言いう意味です。

主な仕事の内容として、医師や調剤を行う薬剤師に自社の医薬品や医療機器に関する情報を提供する仕事となっています。

MRというとハードな営業というイメージがありますが、仕事の本質としては医薬品などの情報を医療現場に提供し、効果や副作用といった情報を集めて製品の品質の向上を目指します。その過程で自社の製品を購入してもらうことが目的となっているのです。

MRは直接患者さんと接しませんが、信頼されるMRになると医師から相談されることもあります。

「この症状に効果のある医薬品が無いか?もっと副作用が抑えられた医薬品は無いか?」など相談され、的確な情報提供をすれば自社製品の売り上げをアップすることが出来ます。

そうなるには、日々の勉強による高い専門性が必要とされます。薬学の知識がある薬剤師ならぴったりの仕事と言えます。

これだけ聞くとMRって難しい仕事だなって思うかもしれません。しかし、その分年収にはしっかり反映されています。

厚生労働省の賃金統計基本調査でMRの平均年収を公表していました。

男性の平均年収      793.4万円   
女性の平均年収      567.7万円   

男女差があるのは、女性は出産・結婚等で早期に退職するからだと考えられます。

実際に、転職サイトを見てみると下記のように高年収の求人がずらりと並んでいます。

MRになるには

MRになるには薬剤師免許は必須ではありません。

文系の方でもMRになることは可能ですが、ほとんどの企業で応募条件を「大学卒業」としています。

なのでMRになるには少なくとも4年制大学を卒業していることが条件となっています。

しかし、大学卒業と言ってもどの程度の大学を卒業すればいいのでしょうか?

誰もが知っている製薬メーカーだと入社するのはかなり狭き門となっています。

難関大学卒業してる事に越したことはないですが、薬剤師資格を持っていれば薬の知識があるのでかなり有利になります。

加えて、外資系の会社だと人物重視で採用することが多いです。

私は転職活動で外資系の会社を受けたことがあります。

職種はMRでは無かったのですが、企業対策とやる気アピールで1次面接を通過した経験があり、3次面接まであったのですが、他に受けた会社から内定を頂いたので2次面接を前に選考を辞退しました。

外資系の1次面接の際に、面接官から英語はしゃべれるかと聞かれてたので英語がしゃべれる方は有利です。

私の場合は、「今は全くしゃべれませんが、内定を頂けたら語学学校へ通い必ず英語をマスターします。」と答えたら、1次面接は通過しました。

MR認定試験について

MRとして働くには、MR認定試験は受けておきたい試験となります。

この試験に合格しなければMRの仕事に就けないわけではありません。

近年の製薬会社の医薬品部門に関するMRの採用は、経験者の採用に積極的です。なので、MR認定試験に合格しておけば、製薬会社のMRとして働ける可能性が広がります。

製薬会社でも、治験や医療機器を扱う部門では、未経験者を採用しているので、最初はここで仕事をして経験するのもありです。

MRの具体的な仕事内容

MRの1日の流れ

ここでは、MRの1日仕事の流れを紹介します。

仕事の1日の流れを知れば、よりMRに対する理解度も深めることが出来ます。

・開業医の担当MR

まずは医薬品卸のMSと情報交換を行います。MSとは営業活動で取得した薬に関する情報や、医師・薬剤師からの要望をMRに情報を還元する役割のある人です。MRと一緒に訪問することもあります。

担当地域の医院の医者と面談し、終えたら次の病院と忙しく活動します。1日10件程度訪問し、そのあと医薬品卸のMSと情報交換や業務の協力依頼を行います。

・病院の担当

まずは会社に出社します。そこでは、その日の担当先の準備をします。病院の場合はMSと情報交換業務は行いません。

病院は医師に対する営業活動はもちろんのことですが、病院には看護師、薬剤師など医療に携わる様々な方がいるので、その方たちとコミュニケーションを取り情報収集を行います。1日2,3件程度病院を回ります。

いずれの場合も医師とのコミュニケーション能力が必要とされており、信頼できるMRになれれば営業成績の結果もついてくるでしょう

MRに向いている人

MRに向いている人はどんな人なのか理解出来ていれば、仕事選びの参考になります。

MRに向いていなかったと入社後に気が付いたら、また転職活動をしなければいけません。

MRの仕事は医師や薬剤師などの医療従事者とコミュニケーションをとらなければならないので、どんな人が向いているのか?下記にまとめてみました。

・医療に関心がある人

そんな仕事もそうですが、仕事内容に興味が持てなければスキルを磨くことはできません。医療というものは日々進化しており、日々の勉強の積み重ねです。

医師や薬剤師を相手にするので、専門性の高い知識が求められます。

・明るく人とのコミュニケーションが取れる人

MRは営業活動を行います。医師や薬剤師はプライドが高い人が多いので高度なコミュニケーション能力が求められます。

特に医師は忙しい人が多いので、空き時間まで待機しやっと話が出来たと思ったらつれない態度を取られたりします。

そこで、嫌な顔をせず忍耐強くコミュニケーションを重ね信頼を獲得しなければいけません。

・自己管理が出来る人

MRは営業職なので、日中は外出していることが多いです。次のアポイントまで時間かある場合は、打ち合わせ内容の見直しをしたり、新しい営業先を開拓したり、スケジュールの管理をしたりと休む暇がありません。

空き時間だからと言ってサボってしまえば、その分が将来の自分に帰ってきますので自己管理能力が高い事が求められます。

・車の運転が嫌いではない人

病院や薬局はすべてが駅前にあるとは限りません。移動は基本的には車となります。

車の運転が苦手、嫌いなどの感情がある人は仕事を長く続けていく上では難しいでしょう。

MRの将来性

最近では、業界新聞やネットではMRの将来性について否定的な意見が見られます。

事実として、年々MRの数が減ってきています。

これからMRを目指そうとしている人には不安になる情報ですね。

しかし、私は不安になる必要は無いと考えます。

その理由を説明します。

公益財団法人MRセンターの情報によるとMRの数は以下のように推移しています。

西暦 MRの人数
2013年 65,752
2014年 64,657
2015年 64,135
2016年 63,185

確かに数字だけ見れば年々MRの数は減ってきています。

しかし、この現象は当たり前のことなのです。

医療ドラマなどで、MRが病院に過剰に訪問し、薬を買ってもらう。そのためには医師に過剰な接待をしているシーンを見たことはありませんか?

それにはMRの数が必要です。

MRを大量に雇い、質よりも数で勝負していた時代があったのです。

今はそのような時代ではありません。

昔は、MRが大量に採用されて質の悪いMRも沢山いました。

しかし、今ではMRの質で勝負する時代なので正常なMRの数になってきたと考えられます。

なので、MRの将来に関して不安になることはないと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

MRという仕事はハードですが、その分だけ年収も良いです。

未経験で、医薬品を扱う製薬会社のMRに転職するのは難しいですが、医療機器や治験などのMRを経験し、 MR認定試験に通過できれば道が開けるかもしれません。

まだまだMRは製薬業界には必要な存在です。薬剤師として働く立場からしても勉強会など開催してくれてとても助かっています。

以上になりましたが、転職の際はこの記事が参考になればうれしいです。

\この記事はどうでしたか?/

-薬剤師の転職
-

© 2020 ファーマリーチ